これで完璧!本当に必要な結婚式の持ち物の全リスト

      2016/05/11

Pocket

結婚式1結婚式に参加するときに何を持って行けばいよいのか悩む方も多いでしょう。
もしくは、持ち物はできるだけ少なくしたいけど、色々と持って行きたいものがあって、持ち物が増えてしまうとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

結婚式に招待をされ、ゲストとして参加するときはできるだけ持ち物を少なくしたいものです。今回は、お呼ばれ結婚式のときの持ち物リストをご紹介します。これから結婚式に参加をしようと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

必ず必要になる持ち物リスト7選


結婚式イメージ

まずは、お呼ばれ結婚式に参加するときに必ず必要な持ち物をご紹介します。一つ一つの項目をチェックしていってくださいね。

1.ご祝儀は入念にチェックしよう!

ご祝儀はまず忘れることはないと思いますが、念のため何度もチェックをしておきましょう。できれば、前日の夜には現金とご祝儀袋を用意しておくようにしましょう。当日銀行でお金を下ろして、ご祝儀袋を買って用意するのも良いですが、会場の近くにATMやご祝儀袋を売っているお店があるかどうかは分からないので、事前に準備をしておくようにしましょう。

ポイント

ご祝儀を忘れてしまうと、新郎新婦にも多大な迷惑をかけてしまうので、くれぐれも気をつけてくださいね!

 

2.招待状は地図代わりに持って行こう!

招待状は意外と持って行かない方も多いようですが、絶対に持って行った方が良いでしょう。招待状は会場の地図が載っているだけではなく、式の開始時間や終了時間、新郎新婦の名前などが記載されているので、会場に向かう途中で道に迷ったとしても確認することができます。

ポイント

特に会場が地元じゃないときは、場所はともかく会場名も忘れてしまい、遅刻してしまう可能性があります。馴染みの無い場所での結婚式に参加する場合は、くれぐれも持って行くようにしてくださいね。

 

 3.財布・携帯電話のような小物

こちらもわざわざお伝えするほどもものであありませんが、持って行くようにしましょう。披露宴から二次会までの時間が空くということはよくあることですので、その間に時間がつぶせるようにするためにも、お金は持って行った方が無難と言えます。なお、携帯電話は新郎新婦の写真を撮るためにも使うことができますし、数年ぶりに会った友人と連絡先を交換するときにも使うことができます。

ポイント

長財布はかさばってしまうことが多いので、できるだけコンパクトな財布を持って行くようにすると良いでしょう。

 

4.ティッシュとハンカチも忘れずに!

どちらか一つ持って行けば充分と思われがちですが、実はどちらも使い勝手が良いので持って行った方が良いアイテムです。仲の良い友人の結婚式であれば、思い入れもあると思います。そんな友人の幸せそうな挙式を見たら涙ぐむことも多いでしょう。そんなときに、さっと涙を拭けるティッシュやハンカチがあると良いですね。ハンカチは、食事をするときに膝に置いて洋服を汚さないようにするために使うことも出来るので使い勝手が良いアイテムと言えます。

ポイント

ハンカチは白以外の物を持って行くようにしましょう。白系のハンカチは涙を拭いたときに化粧がついてしまい、落ちにくくなってしまうことがあります。

 

5.メイク道具は必要最小限のものを

参加した結婚式で泣いてしまったり、長時間になってくるとメイクが崩れてしまうことがあります。そんなときにメイクを直せるようにメイク道具を持って行くようにしましょう。ただし、メイク道具はかさばってしまいますのでできるだけ必要最低限の物だけ持って行くようにして下さいね。

ポイント

自分にとって最低限、何が必要かを事前に考えておくようにすると良いでしょう。

 

6.絆創膏は意外と忘れがちなアイテム

結婚式のときに履いて行く靴は、普段履きなれていない靴がほとんどでしょう。その場合、結構な割合で靴擦れを起こしてしまいます。せっかくのお祝いの場にも関わらず、足が痛くて歩くのも嫌だな。。。という風にならないようにするためにも、絆創膏は持って行くのがオススメです。

7.意外と重宝する予備のストッキング

ストッキングは、思わぬところで伝線してしまいます。伝線しなければ使わなければ良いだけの話ですが、もし披露宴の序盤に伝線してしまった場合は、二次会終了時まで伝線したストッキングを履き続けなくてはいけません。そうならないためにも、予備のストッキングは必ず鞄の中に入れておきましょう。

あった方が良い持ち物4選

ハイヒールイメージ

先ほどご説明をした持ち物は、最低限持って行きたい物です。ここからは、持って行くと色々と便利な持ち物をご紹介して行きます。ぜひ、参考にしてみてください。

1.化粧直しに役立つ手鏡

化粧室や洗面所になかなか行けないときに役立つのが手鏡です。イベントが続いたり、スピーチが続いたりするとなかなか席を立つことはできませんよね。そんなときに手鏡があるとサッと化粧を直すことができます。荷物に余裕があるのであれば、持って行っても良いでしょう。

2.思い出に残したいならやっぱりカメラ!

スマホやガラケーで充分に美しい写真を撮ることができるようになりましたが、やはり思い出に残すしたいならカメラを持って行くことをオススメします。新郎新婦と撮るのはもちろんのこと、数年ぶりに会った友人と一緒に写真を撮るときにもデジカメを使うとキレイに記録を残すことができますよ。

3.デジカメやスマホの充電器

こちらは、持っておくと便利という意味ですが、デジカメやスマホの充電器は持ち歩くようにしておくと便利です。久しぶりに会った友人と連絡先を交換したり、写真やムービーを撮っていると、あっという間に充電が切れてしまいます。多少荷物にはなってしまいますが、たくさんの写真を撮ることを考えている方は、予備の充電器を持つようにしておくと良いでしょう。

4.移動用の靴

結構な荷物になってしまいますが、こちらもあると便利なアイテムです。普段履きなれていないヒールの高い靴は靴擦れを起こしてしまいます。結婚式場に向かうときや、二次会会場に向かうとき、家に帰るときに履きなれた靴に履き替えられると、足に負担をかけずに移動することができます。

ポイント

持ち運びができるように、折りたたみができるドライビングシューズのようなものを持っている方は、持ち物リストに入れても良いでしょう。

 

最後に

お呼ばれ結婚式に参加するときの持ち物リストについてお分かりになりましたか?結婚式の場では、あまり多くの荷物を持って参加するのはマナーとして良くありません。今回の記事を参考にして頂いて、自分にとって本当に必要だと思う荷物のみを持って結婚式に参加するようにしてくださいね。

Pocket

 - 結婚式

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事