花嫁の手紙の例文|両親への感謝の気持ちが伝わる例文集

      2016/05/11

Pocket

アイキャッチ文章を書くのが苦手だし、皆の前で話すのはもっと苦手。。。ただ、両親に対して感謝の気持ちはちゃんと伝えたい。そう思っている花嫁さんも多いと思います。

花嫁の手紙は両親への感謝の気持ちを伝える大切な時間であるとともに、参加している親族やゲストが感動する時間でもあります。
今回は文章が苦手な人でも、話すのが苦手な人でもしっかりと、自分の気持ちが伝えられるような花嫁の手紙の例文をご紹介します。これから花嫁の手紙を作っていく方は参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

花嫁の手紙の構成の順番


花嫁の手紙を作る上で一番大切なのが構成です。両親に対して感謝の気持ちがしっかりと伝わりつつ、ゲストもちゃんとイメージしながら話を聞くことができるように、聞きやすい構成で手紙を書かなくてはいけません。とはいえ、そんなに難しいことは何もありません。3つのポイントに注意するだけで良い花嫁の手紙になります。

  1. 書き出し
  2. エピソード
  3. 結びの言葉

おおまかな構成の順番としては上記のようになります。それでは、ここから各項目ごとにどんな事を書いて行けば良いのかを例文を元にご説明をしていきます。

書き出しで書く例文

イメージ1

書き出しでは、両親への感謝の気持ちをまず伝えましょう。一般的に多いのは「お父さん、お母さん」と語りかけるのが多いです。文章や話に自信が無い方は、「手紙を書くのは得意じゃないけれど、、、」と先に伝えておいても良いかもしれませんね。以下に花嫁さんの手紙の書き出しの例文をご紹介します。そのまま使っても良いですし、自分らしくアレンジしても良いでしょう。

シンプルに感謝の気持ちを伝える

お父さん、お母さん、月並みですが○○年間、今まで私を育ててくれて本当にありがとう。

 

エピソードにつなげやすい書き出しの例文

お父さん、お母さん今日まで大切に育ててくれてありがとう。私は今日、新たな人生を始めます。思い起こせばこの○丸年間、色々なことがありました。

 

「ごめんなさい」で感謝の気持ちを伝える例文

子供の頃はわんぱくで、何かあったらすぐに怪我をしてしまいました。お父さんとお母さんにはたくさんの心配をかけていたと思います。本当にごめんね。

 

感動する雰囲気は苦手な方にオススメの例文

普段、手紙なんて書くタイプじゃないから、凄く慣れないし恥ずかしいけれど、お父さんとお母さんにはちゃんと感謝の気持ちを伝えておきたくて手紙を書いてみました。

 

授かり婚の時に使いたい書き出し例文

全てが急に決まってしまい、急いで結婚式をすることになった私たちを祝福してくれて本当にありがとう。○ヶ月後にはお父さんお母さんにとっても初めての孫が生まれます。慌ただしい娘を許してください。

書き出しは、どんな言葉から始めるかで話の印象が大きく変わります。自分らしさが出る書き出しを選ぶようにしてみてくださいね。

エピソード部分で書く花嫁の手紙の例文

イメージ2
次にエピソードの例文についてご紹介をしていきます。こちらは、人によってエピソードが異なるかと思いますので、ご紹介する例文を参考にしながらも、自分にとって最も印象的なエピソードであったり、感謝の気持ちが伝えられそうなエピソードを思い出して、書いてみてくださいね。

産んでくれてありがとうと伝えたいときの例文

お父さんとお母さんにとって初めての子供が私でした。難産で、お母さんは凄く大変だったんだよ。と、お父さんが何度も話してくれたのを覚えています。私を産んでくれて本当にありがとう。

 

怒られたときのことを思い出す例文

学生時代は門限のことや、些細なことでよくケンカをしてしまったよね。お父さんとお母さんの愛情を重く感じたこともあったけど、たくさんの愛情をもって育ててくれた私はとても幸せ者でした。

 

一人暮らしをするときにあった例文

私が大学に進学するにあたって東京で一人暮らしをするときに、お父さんは猛反対をしたよね。だけど、東京に出てくる日に「体には気をつけるんだぞ。辛くなったらいつでも帰ってこい」と言って、くれたお金。今でも使わないで大切に持っている私の宝物です。

 

体調が悪かったときに駆けつけてくれたエピソードの例文

私が小学校5年生のときに、病気になったの覚えてるかな?お母さんは仕事を休んでずっと側で看病し続けてくれたし、お父さんも会社から駆けつけてくれたよね。社会人になって、私も働くようになって、お父さんとお母さんがしてくれたことがどれだけ大変なのか分かるようになりました。本当にありがとう。

 

家族で過ごした思い出を使った例文

仕事で疲れていたり大半なのに、いつも週末になると色々なところに連れて行って、遊んでくれたお父さん。お父さんは、世界で一番最高のお父さんです。どれだけ体が辛くても毎日お弁当を作ってくれたり、泣き言言わずにいつも凛としていたお母さん。本当に尊敬しています。

エピソード部分は、できるだけ具体的な内容にすることで、伝わりやすい無いようになります。結婚式や披露宴に参加しているゲストにとってもイメージしやすく感情移入がしやすくなりますので、自分の過去を思い出して印象に残ってるエピソードを書き出してみてくださいね。

結びの言葉の例文

イメージ3

結びの言葉は、最後に耳に入る言葉なので、全体の印象を大きく変えます。一般的に多いのは、「二人で幸せな家庭を作って行きます。」というような言葉で締めることで、前向きな印象で終えることができます。いくつか例文をご紹介しますので、全体の流れに合った結びの言葉を選んでくださいね。

両親への感謝と抱負を使った例文

今日からは、○○さんとふたりで新しい家庭を作っていきたいと思います。お父さん、お母さんのような仲の良い夫婦を目指して、幸せな家庭を築いていきたいと思います。今まで本当にありがとう。これからも身体に気をつけていつまでも仲の良い、私の大好きなお父さんとお母さんでいてください。

 

新郎の親へのこれからの気持ちを伝える例文

お父さんとお母さんのような幸せな家庭をお手本にして、これからは○○さんとふたりで幸せな家庭を築いていきたいと思います。 最後になりましたが、○○さんのお父さん、お母さん、これからも末永くよろしくお願致します。

 

新郎の両親に宛てた結びの言葉の例文

○○さんのお義父さんお義母さん。私たちの結婚を応援してくださり、本当にありがとうございました。これからは○○さんと一緒に、明るく幸せな家庭を築いていきます。これからも、末永くお願い致します。

 

披露宴に参加してくれたゲストへの感謝の気持ちを伝える例文

私たちの新たな門出をこうして迎えることができたのも、ここにいらっしゃる皆様のおかげです。たくさんの方にお祝いして頂いたことをとても幸せに思います。これからも私たちふたりをどうぞ温かく見守っていてください。どうかよろしくお願い致します。

 

授かり婚のときに使用したい結びの言葉の例文

娘がいきなり母親になってしまうような頼りない私ですが、○○さんと幸せな家庭を築いて、お父さんお母さんに負けないくらいの愛情を自分の子どもにも注いでいきたいと思います。○○さんと助け合いながら、幸せな家庭を築いていけるように頑張ります。これからも、温かく見守っていてください。

結びの言葉は、ご自分の状況に応じて変えても良いかもしれません。冒頭でもご説明したように、結びの言葉は、全体の印象を大きく変える言葉です。両親やゲストへの感謝の気持ちと、新郎の両親へのこれからの気持ち、今後の二人の抱負をまとめてあげると良い結びの言葉になるでしょう。

最後に

結婚式の花嫁の手紙は披露宴の中でも最も注目がされるイベントの一つです。ここまで育ててくれた両親への感謝の気持ちや、義両親への感謝の気持ち、新郎新婦のこれからの気持ちを正直に伝えるようにしましょう。日頃、お父さんやお母さんに感謝の気持ちを伝えられていないと感じる人も、恥ずかしがらずにしっかりと伝えてくださいね!良い結婚式を迎えるためにも、今回の記事を参考にして頂いて、良い花嫁の手紙を作って頂けるととても嬉しいです。

Pocket

 - スピーチ, 結婚式

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事