結婚式の二次会のドレスを選ぶ時に気をつけたい5の注意点

      2016/05/11

Pocket

アイキャッチ結婚式の二次会に招待されたけど、どんなドレスを着て行けば良いのか分からないとお悩みではないですか?または、可愛いドレスを着ていきたいと思ってはいるものの、失礼が無いようにしたいとお悩みではないでしょうか?結婚式の二次会は、披露宴とは違い、少しカジュアルなドレスでも問題ありません。しかし、最低限のマナーは守る必要があります。

今回は、結婚式の二次会に参加するときに気をつけたいドレスのポイントをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚式の二次会では避けたいドレスの5つのポイント


イメージ

まずは、結婚式の二次会では着るのは避けた方が良いドレスをご紹介します。

1.白のドレスはNG

白のドレスは花嫁が着る色ですので、ゲストが着ていくのは絶対にやめておきましょう。自分が恥ずかしい思いをするだけではなく、新郎新婦やその親族の方達まで失礼になってしまいますので、最低限ここだけは押さえておくようにしましょう。

ポイント
薄いピンクやベージュなどの淡めの色のドレスの場合、照明の加減で白のドレスに見えてしまうことがあります。厳密に言えば、白のドレスに見えるモノは避けた方が良いので、薄いピンクやベージュのドレスはマナー違反となります。ただし、最近ではそこまで厳密にマナーを意識する新郎新婦も少なくなってきているので、着ていくゲストも増えてきています。その場合は、ボレロなどの羽織ものを濃いめの色にするなど、失礼の無いように工夫をしましょう。

 

2.ファーのドレスは避けた方が良い

ファーのドレスも避けた方が良いでしょう。革製品や毛皮を使った洋服は、動物を使っているので殺生をイメージさせてしまうので、結婚式のようなお祝いの場にはふさわしくなく、マナー違反となってしまいます。最近では、ボレロや鞄などにファー素材のものを取り入れている方もいらっしゃいますが、基本的には避けておいた方が良いと言えます。

3.バイカラードレスも注意をしよう

バイカラードレスは、上下で別の色になってしまうので、2色を使ったドレスとなる場合がほとんどです。結婚式の場では単色ドレスがマナーとされており、2色を使ったドレスは「別れ」を連想させてしまうため、厳密にはバイカラードレスはマナー違反と言われています。こちらも、最近では着ていく方が増えているので、どうしても着ていきたいのであれば周りの状況や、新郎新婦の雰囲気を見ながら着ていくようにした方が良いでしょう。

4.肌が出るドレスは夜の開催以外はNG

丈が短いドレスだったり、肩が出るようなドレスは夜の二次会のパーティーであれば問題ありませんが、日中の披露宴や二次会ではマナー違反となる場合があります。なお、タイトなドレスで体のラインがハッキリ出てしまうドレスも新郎新婦よりも目立ってしまう可能性があるため避けましょう。膝や肩は隠れるようなものを選ぶようにしてくださいね。

5.黒のドレスは全身黒にならないようにしよう

最近では、黒のドレスを着ていく方が増えています。ですが、黒はお祝いの場にふさわしくないとされているので、全身が黒のコーディネートにならないように注意をしましょう。羽織るものや、小物、靴などに明るめの色を取り入れてお祝いの場にふさわしいようなコーディネートをするのが良いですね。

上記の5つのポイントに注意をしておいて頂ければ、基本的にはどのようなドレスでもOKです。

二次会の雰囲気が分からないときの活用術

二次会イメージ2

二次会に着ていくドレスは会場の雰囲気やゲストの雰囲気に合わせたものにしたいですよね。そこで、ここでは二次会に参加するときにできるだけ周りと馴染んだ服装をするための活用術をお伝えします。

招待状から会場の雰囲気を感じるための3つのポイント

二次会のみに参加するときにどんな雰囲気なのかを感じるためには、招待状の下記の3つのポイントを見るようにしましょう。

  1. 挙式と二次会の日程
  2. 会場の場所
  3. 会費について

一つずつご説明致します。

1.挙式と二次会の日程

挙式や披露宴と二次会の日程を確認しましょう。披露宴と二次会の日程が同じ日であれば、披露宴に出席したゲストの方達がたくさん参加されることが予想されます。そのときにカジュアルな格好で二次会に参加してしまうと非常に浮いてしまいます。逆に別の日に二次会が開催される場合は、フォーマルじゃなくても大丈夫な場合も考えられます。

2.二次会の会場について確認する

二次会の会場は、服装を決める上で非常に大切な要素です。ホテルのようなかしこまった場所で行われるのか、パーティー会場で行われるのか、レストランなどのお店を貸し切って行うのかで服装は大きく変わります。会場から二次会の雰囲気を探るようにしましょう。

3.会費で二次会の雰囲気を探る

会費の値段でも二次会の雰囲気を探ることができます。5,000円以下であればカジュアルな二次会、7,000円程度であれば少しフォーマルな雰囲気の二次会、8,000円以上だったらフォーマルな二次会、というように二次会の費用からでも雰囲気を把握することができます。

最後に

今回は、結婚式の二次会に参加するときに気をつけたいドレス選びのポイントをご紹介していきました。二次会は披露宴とは違いマナーが厳しくないので、マナーに対する意識が下がりがちになってしまいます。お祝いの場ということを忘れずに、それでいてオシャレで可愛いドレスを選べるように、ぜひ今回の記事を頭に入れておいてくださいね。

Pocket

 - 結婚式 二次会

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事