結婚式の二次会の会費|少しでも費用を抑える方法と注意点

      2016/05/11

Pocket

アイキャッチ結婚式の二次会の会費はどれくらいに設定をすれば良いのかお悩みの幹事さんも多いことでしょう。ゲストが高いと思わないような会費設定にしたいとは思うけど、大きな赤字を出したくはないし。。。でも、できるだけたくさんのゲストの方に参加をしてもらいたい。。そんな風に思う方も多いでしょう。

今回は、結婚式の二次会の会費について解説をしていきます。
これから結婚式の二次会を開催しようと思っている幹事さんの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚式の二次会の会費の相場とは?


二次会イメージ3

おそらく、多くの幹事さんが悩んでいるところが、「一般的に二次会の会費っていくらくらいなんだろう?」というところだと思います。結婚式の二次会の会費はかなりバラつきがあります。用意する食事や飲み物、ゲームの景品や会場によって会費は倍以上変わってきます。

結婚式の二次会の相場としての平均額は下記のようになっているそうです。

  • 男性:6,900円
  • 女性:6,000円

一般的に二次会はご祝儀とは違い、男性側が女性よりも多くの金額を負担する場合がほとんどです。
アンケートの結果としては、男性が8,000円〜9,000円、女性が7,000円〜8,000円というのが一番多いようです。
データ出典:ブライダル総研

 会費をできるだけ下げるための2つの方法

二次会イメージ1

会費が高くなれば、それだけゲストの負担が大きくなります。ゲストの負担が大きくなれば、参加したくても金銭的な理由で欠席するゲストも増えてきてしまいます。幹事としてはできるだけ多くのゲストに参加してもらいたいですよね?ここでは、結婚式の二次会の会費をできるだけ抑えるための方法をご紹介していきます。

1.食事・ドリンクは会場側と話し合う

会場側にお任せにすると、会場側は一般的なプランの飲み物や食事を用意してくれます。そのため、費用を抑えることができなくなってしまいます。例えば、下記のような場合などには料理の量を減らしたり、飲み物の量を減らすなどの対応で費用を抑えることができるかもしれません。

  • 披露宴からそのまま参加するゲストがほとんど
  • 二次会参加のゲストは女性の方が比率が高い

上記のような場合に関しては、二次会のみの参加のゲストが多い場合と比べて、食べる量や飲む量が少ないことが考えられます。そういう場合に関しては、食事の量や飲み物の量を減らすことで費用を抑えることができ、ゲストが負担する会費を軽くすることができるかもしれません。

2.会場のグレードを下げることができないかを考える

結婚式の二次会やパーティーを専門でやっているような会場は、安くなることはほとんどありません。会場のグレードを下げるというのは語弊がありますが、一流の過剰ではなく、レストランやちょっとしたパーティー会場が近くにないか探してみましょう。会場の金額は、場所や設備によってかなり大きく変わってきます。使わない設備が内蔵されているせいで、費用が高くなる会場もありますので、必要最低限の設備のところで、費用を抑えることができないかを必ず確認するようにしておきましょう。

3.演出はできるだけシンプルにする

二次会の幹事になると、参加するゲストや新郎新婦に楽しんでもらいたい!という気持ちから、色々なことをしてあげたいと思う方も多いと思います。様々な工夫を凝らした演出をして、喜ばせたい!と思うかもしれませんが、演出を凝れば凝るほど費用は上がってしまいます。ゲストはあくまで、新郎新婦にお祝いの言葉を伝えるために参加するのが目的ですので、演出はできるだけ歓談メインのシンプルな内容にして、ゲームのときだけ盛り上げる。という形でも充分と言えるでしょう。二次会のゲームに関しては「結婚式の二次会のゲーム|二次会を盛り上げる為の基礎知識」の記事も合わせて参考にしてもらえると嬉しいです。

上記3点に気を配って会費をできるだけ下げることができないかを必ず考えるようにしてくださいね。

ポイント

1.食事・ドリンクは抑えることができないかを確認する
2.会場は、複数の候補の中から選ぶようにする
3.演出は歓談をメインにしてシンプルな内容にする

 

結婚式の二次会を開催するときの2つの注意点

二次会イメージ2

次に二次会を初めて開催する幹事さんへの注意点をご紹介します。トラブルや、参加するゲストが嫌な気持ちにならないように以下の点を注意してください。

1.会費は端数がでないようにする

少しでも安くしてあげたいという気持ちから、6,500円というような端数が出るような金額にするのはあまりオススメできません。結婚式の二次会の会費は、披露宴のときのご祝儀とは違い、財布から直接会費を支払う形になるため、お釣りができるだけ出ないような金額設定にすると良いと言えます。

幹事側も膨大な数のお釣りの小銭を用意するのは大変だと思いますので、端数がでないような金額設定にするのがオススメです。

2.男女で会費に差を付けるときは注意をしよう

結婚式の二次会の会費は男女で差を付けるという場合も多くあります。理由としては、下記のような理由が考えられます。

  • 女性より男性の方が飲み食いするので、男女で差を付ける
  • 女性はお金にシビアなので、女性の参加率を上げるためにも男性の負担を大きくする

女性より男性の方がたくさん飲み食いすると考えられるので、納得感がある方も多いと思います。もう一つの理由ですが、女性は男性より金額に対する考えはシビアな方が多いのも事実です。男性は、多少金額が上がっても何とも思わない方が多いですが、女性の場合は少しでも高いと感じると、欠席をする方がでてきてしまいます。女性ゲストの出席率を高めるためにも、男女間で差をつけるのは仕方がないのかもしれません。

ですが、男女間で差を付けると言っても大きく差を付けては、今度は男性側に納得感がなくなってしまいます。ブライダル総研の発表では、男女差の平均値は「895円」とのことです。男女で差を付けるにしても500円〜1500円程度に留めておくのが良いでしょう。

なお、男女ともに同額という場合も多いようで、その場合は多くの量を食べられない女性向けにスイーツなどを充実させるという形を取るのが良いようです。

データ出典:ブライダル総研

ポイント

1.会費は端数が出ないようにし、お釣りが支払いやすいようにする
2.男女間で差を付けるときには500円〜1500円程度に留めておく

 

最後に

結婚式の二次会の会費の平均値や、できるだけ費用を抑える方法、二次会開催時の注意点についてご説明をしていきました。幹事さんが一番頭を悩ませるのが会費だと思います。新郎新婦のためにもできるだけたくさんの方に参加をしてもらって、良い二次会を過ごしてもらうためにも、今回ご紹介した方法を参考にして頂いて、適切な会費設定をできるように頑張ってくださいね!

Pocket

 - 結婚式 二次会

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事