結婚式のスーツの色|気をつけたい注意点とスーツの実例集

      2016/05/11

Pocket

アイキャッチ結婚式に参加するときにどんな色のスーツを着ていけば良いか分からないとお悩みではないでしょうか?もしくは、いつも黒のスーツを着て結婚式に参加しているけれど、黒以外の色のスーツはマナーとして違反しているのかな?

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。結婚式に参加するときのスーツの色は誰でも一度は頭を悩ませるところでしょう。
 
そんな方のために、今回は結婚式に参加する際のスーツの色についてご説明をしていきます。これから結婚式に参加しようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マナーは地域やルールによって異なる


結婚式イメージ1
結婚式にはタブーとされていることは分かりやすく解説されているケースが多いですが、具体的な服装マナーについては地域や解説書によって異なる場合が多いです。そのため、今回ご紹介する記事では一般的に無難とされている結婚式に参加する際のスーツの色についてご説明を致します。それでは、まずは一般的に無難とされているスーツの色についてご紹介をしていきます。

着ていく色に迷ったら黒のスーツを選ぼう

一般的に黒のスーツは最も適していると言えるでしょう。結婚式の場では、黒は適していないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、黒のスーツは最も無難と言えます。結婚式にどんな色のスーツを着て行けば良いのか分からない場合は、迷わずにブラックスーツを選ぶようにすると良いでしょう。

結婚式に参加するときの黒のスーツ例

結婚式に参加する黒のスーツ

写真のようにシンプルな黒のスーツは一般的でとても無難だと言えます。無難な黒のスーツの中でも少しオシャレさを出すポイントとしては、胸元にチーフを入れることです。

結婚式にふさわしい華やかな色味のネクタイを合わせて、そのネクタイと統一したチーフを胸元に添えることでシンプルな黒のスーツながら、さり気なくオシャレな印象になりますよ!

画像参考:http://www.dresswe.com/


ポイント

黒のスーツはマナー違反になることはまずありませんが、あくまで結婚式はお祝いの場です。そのため、暗すぎる印象にならないよう注意をしましょう。挙式から参加する場合は、白のワイシャツと白のネクタイが基本ですが、披露宴からの参加の場合で、新郎新婦の親族でない場合は黒以外のネクタイを選ぶようにすると良いでしょう。

 

 黒以外のスーツでもあくまでダークスーツを選ぶようにしよう

黒以外の色のスーツを選ぼうと思ったときでも、派手な色合いのスーツは厳禁です。必ずダークスーツを選ぶようにしましょう。

結婚式で着ていくときのダークスーツ

結婚式で着ていくダークスーツは下記の2色がオススメです。

  • グレー
  • ネイビー

色味としては落ち着いた暗めの色を選ぶようにすると良いでしょう。

結婚式にオススメなグレーの色のスーツ

ダークグレースーツ例

写真のようにグレーのスーツに少し華やかなネクタイと、それに合わせたポケットチーフを胸元に合わせることでオシャレにも関わらず、しっかりとした印象になります。

結婚式でグレーのスーツを選ぶときは写真の例を参考に合わせてみると良いでしょう。

画像参考:http://www.shipsmag.jp/


結婚式にオススメな紺(ネイビー)色のスーツ

結婚式に着るネイビーのスーツ紺色・ネイビーのスーツは爽やかでオシャレな印象のスーツです。上品さやしっかり感も出ますので、とてもオススメです。

写真のように中のシャツを青系のモノで合わせると、よりオシャレな印象になり、白のワイシャツで合わせるとしっかり感が強い印象になります。

ベルトや靴は明るめの茶色にしてしまうとカジュアル感が出てしまうので、ダークブラウンの色で統一するようにしましょう。

画像参考:http://theberry.com/


結婚式に参加するときに最低限押さえておくべきマナー

結婚式イメージ2
結婚式に参加するときはスーツの色に気を遣うのはもちろんのこと、これからご紹介するポイントも必ず押さえておくようにしましょう。

  • スーツはきっちり折り目がついている
  • シャツは清潔でアイロンがかかっている
  • 靴は汚れやキズが目立たないように磨いておく
  • 清潔感が感じられるとこ

当たり前のポイントではありますが、上記は必ず意識をするようにしてください。黒のスーツを着ていったとしても、スーツやシャツが汚れていたり、シワがあってくたびれて見えるものは結婚式の場に合いませんので、結婚式に参加する前にはスーツやシャツをクリーニングに出したり、アイロンがけをするようにしておきましょう。

ポイント

身だしなみはスーツに限ったことではありません。髪型もしっかりとセットをしていきましょう。寝癖がついたような状態であったり、奇抜な髪型は控えて、結婚式の場にふさわしい清潔感のある髪型をしていきましょう。

 

危険!マナー違反の結婚式の服装

結婚式に参加するときに選ぶと良いスーツの色や、最低限の身だしなみについてご理解頂けたかと思います。ここでは、絶対にしていってはいけないマナー違反の服装についてご説明をしていきます。

華やかだったり派手なスーツや服装

結婚式の主役は新郎新婦です。くれぐれも注意して頂きたいのは、参加するゲストは新郎新婦を引き立てる存在だということです。ご友人やお知り合いの祝いの場ですので、オシャレなスーツや華やかな服装で参加したい気持ちも分からなくもないですが、新郎新婦より目立ってしまうような服装は絶対にNGです。

カジュアルが過ぎる服装

最近では、レストランやパーティー会場で披露パーティーをするケースも増えています。カジュアルな服装での参加を求められることもあるかもしれませんが、ジーンズやスニーカーのようなカジュアルすぎる服装はどんな場合でも避けるようにしましょう。どんな場合であってもお祝いの場に参加するときは、しっかり感が出る服装を心がけましょう。

 最後に

今回は、結婚式に参加するときに知っておきたいスーツの色の選び方やマナー、注意点についてご説明を致しました。結婚式は新郎新婦をお祝いするために参加するものです。目立つような服装や、個性的な身だしなみは避けるようにしましょう。自分自身が恥をかくだけではなく、新郎新婦やその親族の方達にまでも恥ずかしい想いをさせてしまうことになるかもしれません。今回の記事を参考にして頂いて、マナーと節度を守って結婚式に参加するようにしてくださいね!

Pocket

 - 結婚式, 結婚式 服装

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事