結婚式のネクタイの色と男性が知っておくべき服装マナー

      2016/05/11

Pocket

アイキャッチ結婚式に招待をされたは良いけど、どんなネクタイをつけていけば良いのだろうか?とお悩みではないですか?もしくは、白いネクタイを持っていないけど、他の色のネクタイだと失礼になってしまうのかな。と心配になって調べているのではないでしょうか?

実は、結婚式につけるネクタイは必ずしも白でなくてはいけないわけではないんです。今回は、結婚式にしていくネクタイの色や服装のマナーについてご紹介をしていきます。これから、結婚式への参加が増えて行きそうな男性の方は特に参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一昔前までは結婚式につけるネクタイは白が基本


一昔前までは、結婚式につけるネクタイは白が基本とされていました。しかし、白のネクタイは世界的に見てもフォーマルとはされておらず、海外では白のネクタイをつけているのは新郎くらいです。最近では、若い方を中心に色のついたネクタイをすることが多く、マナー違反とは見られないようになってきました。

黒のネクタイは厳禁

こちらも当たり前ですが、結婚式で黒のネクタイは絶対にしてはいけません。黒のネクタイは喪服をイメージさせてしまうため、縁起が悪い色とされています。明るいデザインが入った黒のネクタイもありますが、黒がベースとなっているネクタイは暗い印象になるため、必ず避けるようにしましょう。

どんな色ならつけても良いの?

今では、結婚式でつけていくネクタイの色には制限はありません。先ほどご説明したように黒系のネクタイを避ければ基本的にはどんな色のネクタイでも問題ないでしょう。

柄は何でも良いの?

最近では、ネクタイの柄についても特に制限は無いようです。とはいえ、派手すぎる物やデザインが奇抜なものは避けた方が良いでしょう。ドット柄や小紋柄を選ぶのが無難と言えますね。

結婚式にはオシャレなネクタイをしていきたい!

結婚式では出来る限りおしゃれな格好で臨みたいですよね?でも、結婚式のためだけに一式揃えるのは費用的に簡単に出来ることではありません。

「KASHI KARI」は好きなブランドのネクタイをいつでも借りることが出来るサービスです。月額固定の経費は発生してしまいますが、おしゃれなネクタイをいつでも借りることが出来ますよ!

高級ブランドのネクタイを購入してもなかなか着用する機会がない、常に流行のネクタイをしたい!という方におすすめのサービスです。

 

ネクタイだけではない!押さえておくべき服装マナー

結婚式に参加する時はネクタイの色だけではなく、その他の服装にも気を配るようにしましょう。

スーツの色は黒系が基本

男性のスーツは、黒系のものを着用して行くのが基本とされています。とはいえ、最近ではチャコールグレーや濃紺のスーツで参加する方も増えてきており、絶対に黒のスーツでなくては行けないという決まりは無さそうです。ですが、白に近いグレーや明るめの色のスーツは避けるようにしましょう。あくまで、落ち着いた色のスーツを選ぶようにしてくださいね。

強めのストライプスーツはNG

基本的には、スーツは無地が理想的です。しっかりと入っているストライプ柄のスーツは結婚式の場にふさわしくないと感じられてしまいます。スーツの柄は無地のものにするか、ストライプが入っていたとしても薄いものにしましょう。
※レストランなどで行なわれる比較的カジュアルな場合は例外です。

ケース別の服装のマナー

新郎新婦から見た立場によっても服装のマナーは変わってきます。ポイントを押さえておきましょう。

新郎新婦の上司として参加する場合

新郎新婦の上司として参加する場合は、正装をして参加をしましょう。スピーチを頼まれた時などはディレクターズスーツや、ディナージャケット(タキシード)などの準礼装で参加をしましょう。それ以外の場合も、ダークスーツで参加するようにしましょう。

新郎新婦の友人として参加する場合

新郎新婦の友人として参加する場合は、スーツにネクタイという形であれば問題ありません。先ほどご紹介したスーツやネクタイの色や柄に気をつければ大丈夫です。

夫婦で参加する場合

夫婦で参加する場合は、チーフの色や柄などのワンポイントで良いので何か共通のものを身につけるようにすると良いでしょう。

最後に

結婚式に参加をするときのネクタイの色や基本的な服装のマナーについてご説明をさせていただきました。新郎新婦にとって結婚式は一生に一度のものです。参加する側としては失礼の無い服装で参加をしたいですよね。ぜひ、今回の記事を参考に頂ければと思います。

Pocket

 - 結婚式 服装

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事