ウェディングツリーの説明文|誰でも分かる説明文を作る方法

      2016/05/11

Pocket

アイキャッチウェディングツリーは、海外で行なわれている文化でしたが、最近では日本でもウェディングツリーを取り入れる結婚式が増えてきました。とはいえ、ウェディングツリーは、まだまだ一般的に認知されているとは言えません。結婚式場に行ってウェディングツリーがあるだけでは、ゲストはどうして良いのか分からなくなってしまいます。

今回は、ゲストの方にウェディングツリーの作成をスムーズに行なってもらうための説明文の書き方や実際の事例をご紹介します。素敵なウェディングツリーを完成させるためにも、今回ご紹介する記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウェディングツリーとは?


ウェディングツリーとは、葉の無い枝のみの絵を書いた物です。その絵にゲストが捺印をしたり、スタンプを押していき、最後にコメントを書いて最後にコメントを書いて一本の木を完成させるものです。アメリカを始め、海外の結婚式では一般的に行われているそうです。日本でも、最近のカップルはウェディングツリーを取り入れている方たちが多いようです。ですが、日本ではまだまだ一般的ではありません。そのため、受付にウェディングツリーを置いていたとしても、見たことも無い方が殆どで、どうして良いのかが分からずスムーズにゲストが席に移動することができません。ですので、ウェディングツリーを取り入れるときは、必ず説明文を一緒に置くようにしましょう。

ウェディングツリーの説明文

ウェディングツリーとはどういうものかをゲストに説明するための説明文

ウェディングツリーは、まだ日本では一般的ではありません。そのため、ゲストに「ウェディングツリーとはどんなものであるのか?」を説明してあげる必要があります。何を目的としているものなのか?を明確に説明しましょう。

ウェディングツリーはゲストの皆様と作るゲストブック(芳名録)です。皆様一人一人の指印が葉っぱとなってツリーを彩ります。

 

上記の例は比較的一般的な例となります。上記のような説明文でも良いのですが、より具体的で指示が明確にある説明文だとより良いでしょう。

ウェディングツリーは欧米より伝わった結婚式の演出です。ゲストの皆さまに結婚の承認として押印またはスタンプとお名前のサインをしていただきます。その一つ一つが葉っぱとなり1本の木が完成します。

 

より分かりやすい説明で、ウェディングツリーの目的が分かりやすい説明文ですね!

本日お集まりいただいた皆様にお願いがございます。ウェディングツリーに拇印を押すことで私達の結婚の誓いの証人になっていただきたいのです。完成したツリーは新居に飾り皆様に見守られているような気持ちとともに穏やかに暮らしたいと思います。

 

ゲストに対する優しさや配慮が伝わってくる文章です。単なる説明ではなく、新郎新婦からのお願いのメッセージとして記載することで、よりゲストの参加意識が高まる良い説明文ですね。

葉っぱがついていないこの木は私たち新郎新婦を表しています。ゲストの方々は二人の祝福と結婚の承認の意味合いでお好きな色のインクで拇印を押しサインをしてください。その1つ1つの拇印が葉っぱとなり1本の木が完成するのです。みなさまのサインが私たちの結婚の承認の証となります。

 

新郎新婦のウェディングツリーへの目的がしっかりと説明されていますね。記念として作るものではなく、ゲストの方たちに結婚の証明をして欲しいという気持ちが伝わってきますね。

ウェディングツリー作成のための説明文

ウェディングツリーの目的をゲストに説明した後は、実際にゲストがどのような手順でウェディングツリーに捺印をすれば良いかの手順を説明しなくてはいけません。下記に例を紹介しますので、参考にしてみてください。

ウェディングツリー1

出典:http://ameblo.jp/thesnowyroad/entry-11165472233.html

  1. 上記の中からこ「れからの二人の結婚生活に必要なモノ」を選んでください
  2. 選んだ色のインクの色を付け 葉っぱに見立ててお好きな所に押してください
  3. 葉っぱのそばにお名前を書いてください

 

非常に分かりやすいのでご紹介をさせていただきました。色ごとにメッセージに違いがあり、ゲストが各々に思う「結婚生活に必要なモノ」の色の捺印をしてもらうというウェディングツリーです。今回ご紹介した例のように、スタンプやインクの色を変えることで、色に意味を持たせるというのが最近の新郎新婦には人気です。

ウェディングツリー2

出典:http://ameblo.jp/periseus/entry-11509270022.html

  1. 上記の中からこ「れからの二人の結婚生活に必要なモノ」を選んでください
  2. 選んだ色のインクをスタンプにつけ 葉っぱに見立ててお好きなところに押してください
  3. 葉っぱのそばにお名前をローマ字で書いてください(コメント大歓迎です)

 

こちらも分かりやすくオシャレなデザインのため、紹介させていただきました。先ほどご紹介した例と大きく説明は変わりませんが、ウェディングツリーを何も知らないゲストの方でもすぐに理解できる内容になっていますよね。ちなみに、こちらのご夫婦は下記の4つの項目の色をゲストにスタンプしてもらったようです。

  • 愛情
  • 思いやり
  • スキンシップ
  • 忍耐

ウェディングツリーを取り入れるときに準備しておきたいもの

ウェディングツリーを取り入れるときは下記の物を事前に準備するということを頭に入れておきましょう。

手を拭くことができるもの

インクを指につけ、捺印するのがウェディングツリーの一般的な方法です。そのため、指や手が汚れてしまわないように、汚れを落とすことができるウェットティッシュなどを用意しておきましょう。式場にお願いをすれば、準備してくれる場合もあります。事前に、相談してみても良いかもしれませんね。

スタンプやシール、付箋でウェディングツリーを作る

先ほど説明したように、ウェディングツリーは指に直接インクを塗ります。男性は嫌がる方は少ないかもしれませんが、女性のゲストは衣装についてしまうことを考えて嫌がる方も多いでしょう。そのため、スタンプやシール、付箋を用意しておくようにすると女性のゲストも安心して参加することができます。

最後に

ウェディングツリーの説明文についてご紹介をさせていただきました。ウェディングツリーは、完成したものをご夫婦のリビングに飾っておくこともできるものですので、一生大切にできるものです。当日のゲストが気持ち良くウェディングツリー作りに参加してもらえるように、分かりやすい説明文を添えるようにしましょう。なお、ウェディングツリーを手作りするときは「ウェディングツリーを手作りする時の参考デザインと作り方」も参考にしていただけると嬉しいです。

Pocket

 - ウェディングツリー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事