婚活がうまくいかない原因|大切なのは自分を知ることです

   

Pocket

婚活がうまくいかない。早く結婚したい。親に孫を見せたい。性別問わず、様々な年齢の方がそう悩まれています。まず、婚活がうまくいくというのは、どういうことだと思いますか。結婚がゴールであり、最終目標だと感じていませんか。そして、必要以上に婚活について悩み、焦っていませんか。他の人たちはどうやって運命の相手と出会えたのか知りたいとは思いませんか。では、その答えに近づくためにどんな方法があるのかを伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活がうまくいかないのはなぜか

shutterstock_531515995

まず客観的に見て婚活がうまくいかない状態とはどんなものを指すでしょうか。婚活パーティや婚活アプリ、街コンやSNSを通じて異性との出会いを求めている方がほとんどではないでしょうか。そして出会いを求めて行動しているのに結果が出ない。

結婚の前の異性と付き合うという段階に進んでいないことが婚活がうまくいかない状態です。

  • 異性との出会いがない
  • 異性との出会いはあるが進展がない
  • 異性との出会いを求めて活動しても相手にされない

上記のような形で、婚活あるあるのような3つの悩みを抱えているとします。

根本的には出会いを求めること、そして異性を求めることは不健全でも不純なことでもありません。そして、婚活しているのにどうしてうまくいかないんだろうと考えることは、自然で当たり前のことなのです。

婚活がうまくいかない方に大事なことをお話します。

「好きになれる人に、知り合うことが出来ない。」

まずはこの言葉を見て、どう感じたのかを、素直な気持ちで、心の中で考えてください。そして、婚活をしている時、あなたは異性のどこを見ていたのか、異性に何を求めていたのかを思い出して欲しいのです。あなたと同じように婚活をされている異性に対し、品定めをしてはいませんか。言い換えますと婚活されている異性はあなたのことを品定めしています。でも、それは相手のことをきちんと見れなくなってしまう行為なのです。まずはそのことに気が付いてください。

婚活がうまくいく人との違い

shutterstock_531510910

婚活してお付き合いを始め、結婚まで進むことを婚活がうまくいくことだとします。うまくいかない人とうまくいく人の違いはなんでしょう。

答えはとても簡単で、自分自身にとってのパートナーを見つけられるか、見つけられないかです。では、婚活でパートナーを見つける人はどんなことをしているのでしょう。

婚活がうまくいく人は、お互いに婚活をしている人が集まる出会いの場で、しっかりと異性を好きになる努力をしています。これは好きになれる人がいないというネガティブな考え方ではなく、自分から好きな人を作るというポジティブな考え方です。

婚活始めました。異性との出会いの場に行きました。連絡先を交換しまいた。何度かコミュニケーションを取りました。

これではただの作業です。婚活をする上で大切なことはいくつかありますが、忘れてはいけない要素として「思いやり」があります。次に出会いに「感謝」することです。

例えば婚活パーティに参加したとします。そこには婚活を求める男女が同じ人数でいるでしょう。その場に集まった全員と一生に一度の出会いであることに気が付いてください。今回、婚活がうまくいかないのなら、何度でも婚活パーティに参加すれば良い、という安易な気持ちでいてしまうと、あなたを見た異性があなたが婚活に対し、真剣さや誠実さ感じられない存在として見えてしまうからです。あなたが参加した婚活パーティは一生に一度であり、その機会を逃せばその場にいた異性にはもう二度と会えないのです。

自分と相性が良さそうなひとがいなさそう。今回は収穫ゼロ。結局お金払わされただけか。心のどこかにそういった気持ちがあるのであれば、はっきり言って婚活しないほうが良いです。

今回の婚活パーティで、ひとりでも良いから異性を好きになろう。好きな人を見つけよう。そう考えているひとはとても素敵に見えます。積極的ですとか、ガツガツしているですとか、そういう意味ではありません。婚活をするのであればひとつひとつの出会いを大切にして、異性を好きになることを意識することが不可欠です。

婚活は結婚という目標への途中経過ではない

婚活をしていると何が目標で今は何のために活動しているのかわからなくなる時があります。途中経過だけを気にして、目標に対して焦ったり、悩んだり、困ったりします。

婚活とは結婚という結果を出すための途中経過ではないのです。もちろん、人生設計や将来のことなどを考えて逆算して婚活されている方もいるでしょう。

そして、相手を好きになることや、恋愛ではなく、ただ結婚、ただ婚活と考えている方は異性があなたを見た時にどう感じているのかを知りましょう。

「この人は結婚したいだけのひと」

少しでもそう思われてしまったら、その異性との進展は無いものと覚悟してください。

結婚は最終目標ではないということ

shutterstock_531212848

婚活をしていると結婚さえ出来れば誰でも良い。そんな考えになる場合があります。それはとても危険な考え方です。理由として、あなたがそう思っていても、異性はそう思うことはないからです。前の項で申した通り、結婚したいだけということが伝われば、あなたのことを好きになってくれる人は絶対に存在しません。

大切なのは婚活で出会えた異性に感謝し、好きになる気持ちを持つことです。

結婚というビッグワード、人生の一大イベント。絶対に失敗は許されない。そんな考え方を持つ必要はないのです。むしろ結婚した後の出産や育児や夫婦生活など、まだまだ幸せなことがたくさん待っているのです。

結婚とは恋人に告白する時と同じです。一緒に暮らして下さいと、真剣に異性に告白することを意味するのです。そして恋人として付き合うようになったら何をしますか。例えばデートであり、お互いをもっと好きになるために努力したり、もちろん、喧嘩したりもあるでしょう。結婚は恋人同士より、もっと深い関係になるのです。簡単に別れることは出来ません。そして恋人同士よりも楽しいことがたくさん、辛いこともたくさん待っています。それらを一緒に思い出にする相手を安易な気持ちで選べますか。選べるはずもありません。

好きな人と一緒に思い出を作りたいと思いませんか。

婚活は人生ゲームではありません

婚活というワードが人によっては遊んでいるように感じる場合もあるでしょう。真剣に恋愛をしている人から見ればなおのことです。

婚活は人生ゲームのようにパートナーを駒のように扱い、手に入れるようなものではありません。そして何よりもあなたはゲームの駒ではないのです。

それを同じように婚活で出会った異性に感じ取ってください。相手に思いやりと感謝の気持ちを持ってください。

異性を好きになることを恐れず、恥ずかしがらないようにしてください。

あなたが本当に求めているものはなんですか

ここまでの文章の中で、あなたはきっと自分が婚活に、何を求めているのかがわからなくなっているでしょう。自分は何のために婚活をしているのか。なぜ、出会いを求めているのか。

その答えは幸せになりたいからではないでしょうか。

結婚というものは幻想を抱きやすく、目標にしてしまったり、超えられない壁のような存在に感じてしまいがちです。

結婚自体は俗に言う紙切れ一枚。感情がなくても結婚は出来ます。しかし、あなたはそんなことを求めてはいないでしょう。

幸せになりたい。なぜ?結婚をしたい。なぜですか?

  • 一緒に暮らしてくれるひとを求めているのではありませんか。
  • 一緒に思い出を作れる異性を求めているのではありませんか。
  • 一生一緒に幸せに過ごす人を求めているのではありませんか。

もちろん、結婚に求めるものは人によって違います。ただ、上記のような気持ちが曖昧なままで、結婚自体が何のためにあるのかわからなくなっているのであれば、たった今、気が付くことが出来たでしょう。

あなたには幸せになる権利があります。

あなたには好きな人と一緒に過ごすことが出来ます。

あなたは婚活で好きな人を作ることが可能であることを知ってください。異性を好きになりましょう。

あなたのことを必要としてくれる異性を見つける

shutterstock_530310565

あなたは自分自身のことをどれだけ理解していますか。異性に好きになってもらう。異性を好きになる。その前に自分を好きになる必要があります。自分で自分自身を必要な存在だと感じてください。自分を大切にしないひとは、他人も大切にしません。同じように自分を必要とすれば、他人もあなたを必要としてくれます。あなたのことを好きになってくれるのです。

誰かを好きになる気持ちを忘れていませんか。理由も理屈も何も必要ないのです。

あなたのことが好きです。

この一言が言えるか、言えないか。とても大事なことです。

好きだから何?

好きだから恋人になりたい。好きだから結婚したい。

とても純粋で単純なことです。

これは婚活する中で早い段階で言うべき言葉でもあります。異性はあなたがなぜ、自分と話しているのだろう。なぜ、連絡先が欲しいのだろう。必ずそう思っています。

あなたが相手のことを好きだと、一言伝えることで解決してしまうことです。どれくらい好きだとか、時間がどうとか考える必要はありません。気になったら好きだと言いましょう。仕草が可愛ければ好きだと言いましょう。笑顔を見たら好きだと言いましょう。お話したら好きだと言いましょう。

好きだと言われたら、相手はあなたのことを必ず意識します。そして、少しずつ好きになってくれます。

本当の自分自身を理解して婚活に望む

婚活をしている時に一番知りたいことはなんでしょう。職業や年齢、家族構成ですか。一番知るべきことは相手がどんな人なのか、でしょう。

異性も同じです。あなたがどんな人なのかを知りたい。一番知りたいことです。では、あなたは自分がどんな人なのかを理解していますか。

それは履歴書や職務経歴書では表せない、とても大事な部分です。あなたを構成するものを全て出し切る必要があります。それはなぜか。

一生に一度の相手に対し、全てを見せられるひとは、必ず婚活を成功させます。

あなたは自分自身の全てを知りましょう。自分自身の良いところも、悪いところもきちんと包み隠さずに理解しましょう。そして相手に伝えましょう。

婚活に望む時、重要なのは誰が自分の人生のパートナーになるのかではなく、誰が自分の人生のパートナーとして好きになり、好きになってもらえるかを考え続けることです。

これが好きになる努力。婚活がうまくいく人が必ず行っていることなのです。

婚活とは前向きな行動であり楽しむべきこと

基本的に悩んだり、困ったり、焦ったりすると普段の自分でいることは出来ません。一番自分らしくいられるのはどんな時かわかりますか。それは楽しんでいる時です。笑っている時であり、喜んでいる時です。人生は楽しんだもの勝ち。この言葉通りでもあるのです。何よりも前向きな人は楽しそうですし、笑顔が多い人に人は近くに寄り添いたくなります。異性に慣れていないとしても、普段のごくふつうの自分で接することが、とても大切です。

もし、どうしても慣れることが出来ないのなら、異性にそう伝えましょう。慣れていないと告げられれば、優しい気持ちで接してくれます。優しい気持ちを感じたのであれば好きになりましょう。好きだと伝えても大丈夫です。

あなたの運命の赤い糸は誰と繋がっているのか

これは昔から言われる言葉ですね。この答えは、あなたの運命の糸は誰とも繋がっていません。そして、それを繋げることが婚活です。あなたは自分で運命の赤い糸を結びに行くのです。

運命の赤い糸を結ぶ方法はすでにお話しました。あとはあなたが実行するだけです。

怖いですか?それとも不安ですか?あなたはもうネガティブに考えることはないはずです。自分らしく、自分が幸せになるために、人を好きになる努力をするだけで良いのですから。

最後に

婚活がうまくいかない時、ひとは必ず挫折し、落ち込み、諦めたくなります。でも、それは自然なことです。大事なのはその時点ではまだ婚活がうまくいかなかっただけだということ。

これからうまくいくようにすれば良いだけです。そして、どうせなら恋をしましょう。人を好きになり、素敵な恋愛をしましょう。好きな人と喧嘩をして、怒ったり、泣いたりしましょう。そしてその何倍も笑いましょう。小さなことを楽しみ、喜びましょう。

たくさんの思い出を作ってください。そして、幸せになってくださいね。あなたの婚活が必ずうまくいくように、心から願うと同時に、誰よりも応援しています。

Pocket

 - 未分類

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事