アラフォーで婚活を始める!成功させるためのコツとは?

   

Pocket

「結婚って、普通に生活していたら当たり前のようにできると思っていた。なのに、気がついたらいつの間にかアラフォーに」そんな人は、意外と多いものです。なぜなら、結婚というものは運や縁というのもが大きく影響するからです。たとえば、勉強や仕事などは頑張ればそれなりに結果がついてくることが多いです。でも、結婚は頑張ればできるというものではありません。ですから、「普通に暮らしていれば人並みに結婚できるだろう」と考えていた人は、アラフォーになったころ、まだ、独身である自分に愕然とします。「いままで、人並みに頑張ればそれなりに結果がついてきたのに、結婚だけはなぜかできない」その事実にショックを受けます。たとえば、昔は、お見合い話をもってきてくれるおせっかいなおばさんや親戚がいて、何となくそのお膳立てに乗っていれば結婚できたケースも多かったものです。でも、いまはそういう時代ではなくなりました。

それに代わって、自力で相手を探す「婚活」をして結婚する人が増えています。特にアラフォーになると、俄然、結婚に対して焦り始める人もいて、婚活を始める人も多いようです。では、アラフォーの婚活を成功させるためには、どのようなことに留意していけばいいのでしょうか?今回は、そのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.アラフォー婚活の現実とは

shutterstock_530539876

婚活の実態は、年齢によっても変わってきます。また、男女間でも婚活の戦略については違いが出てきます。ですから、アラフォーは、アラフォー独自の戦略をもって婚活に臨むことが重要です。そこで、まず、男女別にアラフォー婚活の現実についてお話したいと思います。

アラフォー男性の婚活の現実

アラフォー、特に40代の男性は、実は、いま婚活の世界では、かなり人気です。特に、20代女性がアラフォー男性との結婚を望むケースが増えています。ひと昔前なら、20代女性にとって40代男性は立派なおじさんで、結婚対象にはなりにくかったものです。

しかし、最近の経済状況により20代女性は自分と年齢の近い男性と結婚をする場合、共働きが前提となるケースが増えてきました。20代男性でそれなりの収入を得ている男性が少なくなっているからです。

もちろん、共働きでOKという女性は、年齢の近い男性と結婚していきますが、その場合、恋愛結婚であることが多いです。一方「婚活」という、条件を前提としたケースでは、女性も男性側に高収入であることを望む場合が多くなります。すると、20代女性の場合、同世代の男性で自分の希望年収にマッチングする男性は、かなり少数ということになります。

そこで、20代女性が注目するのが、収入も多く仕事的にも安定しているアラフォー男性です。40代男性の年収は自分と同世代の男性に比べたら、かなり高いことが多いので魅力的に映ります。ですから、相手に高収入であることを求めて婚活している20代女性の多くは、アラフォー男性でも気にしません。

私の知り合いの20代女性の場合

私の知り合いの20代女性にもそういう女性がいます。彼女は、音楽大学を卒業してすぐに結婚したいと考え、婚活してお見合いをしました。ピアノを教える仕事はしたいけれど、ほぼ専業主婦でOKという男性と結婚したいと考えていたようです。

そうなると、やはりある程度の収入のある男性でないと無理ですよね。そして、その条件で、相手を探してみたら、その年収を稼げる男性はアラフォーの男性が多かったとのことです。結局、彼女は音楽大学を卒業してすぐ、自分の希望する生活スタイルを可能にしてくれるだけの年収のある40代男性と結婚しました。

男性の場合アラフォーは人気世代

このように男性側は、アラフォーであることが逆に婚活ではプラスになることが多いです。もちろん、女性の中には収入より若さを男性に求める人もいると思います。ただ、婚活をする女性の多くが、まず、希望条件として高収入の男性を挙げることを考えると、アラフォー男性はかなり有利といえます。

アラフォー女性の婚活の現実

婚活市場で人気のアラフォー男性に比べて、アラフォー女性の婚活は、かなり厳しいものがあります。婚活を始めるとわかると思いますが、男性側は婚活において女性に「若さ」を求めます。つまり、相手を探すうえで、まず、第一段階として年齢で選びます。そうなると、アラフォー女性は、その時点で婚活相手の対象から外されてしまうことが多いです。なぜなら、婚活男性の多くは子どもが欲しいと考えているので「妊娠しやすい年齢の女性」を選ぶからです。

そうなると、男性の多くは「35歳までの女性」を希望します。もっと寛容な男性であっても「38歳までの女性」が限度となります。もちろん、子どもを希望しない男性もいますが、そんな男性であってもやはり結婚相手としては、若い女性を望みます。これが現実です。私も45歳で婚活を始め、結婚した経験を持ちますが、男性がいかに若い女性を求めているのかを身をもって知りました。私の場合、結婚情報センターとネット婚活の両方を活用しましたが、自分と同い年くらいの男性は、まず、自分を対象とは考えてくれないことがほとんどでした。たとえば、当時、私がネット婚活で「自分が結婚してもいいと考える年齢層の男性」の中で、私の年齢でもOKという男性がどのくらいいるのか検索したことがあります。すると、何千人という男性会員の中でヒットしたのは本当に僅かでした。

45歳という高齢であるにもかかわらず、できるだけ年齢の近い男性と結婚したいという甘い考えを抱いていた私でしたが、お申込みが来るのは5060歳くらいの男性ばかりでした。さらに、その年齢であっても「子どもが欲しい」とおっしゃる方が多かったです。ですから、本当は女性の場合、婚活は20代から始めるのが一番賢いといえます。年収が婚活においてのアピールポイントになる男性に比べて、女性の最大のアピールポイントは年齢だからです。若いということだけで、相手を選べる立場になれます。悲しい現実ですがアラフォーになってしまうと、「選ぶより選ばれる立場」になることが多いです。ですから、女性の場合は特に、「婚活を始めるなら一日も早く」をモットーに頑張ってほしいと思います。

2.アラフォー婚活の戦略とは

shutterstock_529070710

では、アラフォーで婚活を成功させるには、どうしたらいいのでしょうか?そのコツや戦略などについてお話したいと思います。そして、これについても、男性と女性ではかなり違いがあります。ですから、男女別にご紹介していきます。

アラフォー男性の婚活戦略

アラフォー男性の場合、婚活の戦略を考えるに当たって、カギとなるポイントがあります。それは、その男性にどのくらいの年収があるかという点です。男性側としては、不快に感じる点だと思いますが、かなしいことに女性はその点シビアです。婚活相手の男性を選ぶ基準として、まず、一番に挙げられるのがこの「年収」であることが多いからです。そして、年収が多い男性の場合、婚活においては大変有利です。たとえば、私が45歳で婚活を始め、一年後に結婚した今の夫は、当時、私より2歳年上の47歳でした。

かなりの高年齢と言えますが、年収も平均よりはよく、安定した職業だったため、夫によると常に女性側からのお申し込みが絶えなかったそうです。47歳と言えば、もはや、アラフォーでもなくアラフィフですが、それでも、常にメールのやり取りをしたり、会ったりする相手がいたそうです。

それは、夫の外見がよかったからとかではなく、年収と職業が女性の希望にマッチしていたということに尽きると思います。そのくらい、女性は男性の年収に敏感です。ということは、アラフォー男性であっても、年収が多いか少ないかで婚活において有利か不利かに分かれてしまうということです。そこで、年収が高いアラフォー男性と、年収の低いアラフォー男性に分けて、その戦略についてご紹介したいと思います。

年収が高いアラフォー男性の場合

年収が高いアラフォー男性なら、婚活を有利に進めることができます。うまくいけば、20代女性からの申し込みがあることもあります。また、自分の方から気に入った女性にお申込みをすると、断られる可能性は低いです。ですから、多くの女性とコンタクトを取ることができるので、結婚できる可能性が高くなります。そこが、年収の高いアラフォー男性の強みです。ですから、どちらかというと強気で婚活を始めてもいいと思います。

年収が低めのアラフォー男性の場合

アラフォーでも、さまざまな事情で年収が思い通りの額に達することができない男性もいます。そうなると、残念ですが女性側からの反応は厳しいものになりがちです。何度もお話しているように、女性は婚活において、男性を年収で判断しがちだからです。

でも、だからと言って婚活して結婚できないわけではありません。ただ、そこには戦略が必要です。くわしくご紹介すると

  • 希望する女性の年齢を高めに設定する
  • 家事が得意で共働きでも率先してやることをアピールする
  • 子どもはできなくても構わないことを明示する
  • 自分の趣味や特技などをアピールして、そこで一致できる相手を見つける

などです。特にアラフォー女性だけでなく年上のアラフィフ女性も対象にしていくといいでしょう。たとえば、年収も高く一人でも生きていけるけれど、さみしさから一緒に生きていける相手が欲しいという女性もいます。

そういう女性の場合、できるなら自分より若い男性の方がいいと考える場合もあります。そして、そういう女性が望むのは、男性の家事能力です。自分でそれなりの収入を稼ぐことはできるけれど、家事には自信がないという女性もいます。

そんな女性は、そこをカバーしてくれる男性を求めます。たとえ、あなたが今の時点で家事ができなくても、家事を率先してやることをアピールすると、それを魅力的に感じてくれる女性もいるはずです。

また、さまざまな事情で子どもができない可能性の高い女性もいます。その理由は、年齢的なものだったり、病気が理由だったりします。そんなコンプレックスを感じている女性にとって「子どものことについてはこだわらない」という男性は、たとえ収入が少なくてもありがたい存在となります。

また、趣味が同じであることは、女性にとってはとてもうれしいことでもあります。そこをアピールして、自分の年収が低くても意気投合できる女性を探していくこともひとつの方法といえます。

アラフォー女性の婚活戦略

では、今度はアラフォー女性の婚活戦略についてお話していきたいと思います。アラフォー女性の場合は、やはり年齢的なハンディを感じることが多いと思います。そこで、それなりの戦略が必要となります。具体的にご紹介すると

  • 少なくとも自分より10歳年上までの男性を対象とする
  • 相手の年収にはこだわらない
  • ここだけは譲れないポイントを明確にする

などです。女性によっては、かなり年上の男性であってもOKという女性もいます。それどころか、かなり年上の男性の方が好みだという人もいます。しかし、多くの女性はできるなら、自分と年齢が近い男性と結婚したいと考えるのではないでしょうか?

ただ、私も経験したことですが、アラフォーになると、妊娠できる可能性は低くなります。また、男性は子どもが欲しいと思っていなくても、本能的に若い女性を好む傾向があります。ですから、どうしてもアラフォー女性は婚活において不利となります。

ただ、自分よりある程度年上の男性なら、あなたのことを「若い女性」と認識してくれます。ですから、そこを譲歩するだけで結婚できる可能性が高くなります。私も、50代の男性が多く参加していたお見合いパーティーに行ったことがあります。すると、やはり、その中で一番若かった40歳のアラフォー女性が一番人気でした。改めて、男性は若い女性がいいのだと痛感した出来事でした。

ところで、基本的に婚活相手の年収は高いに越したことはありません。それは事実です。でも、そういう男性は若い女性から、いくらでも婚活相手として受け入れてもらえます。そうなると、アラフォー女性を相手として選んでくれることは可能性として低くなります。ですから、できるならここも譲歩したいポイントです。自分も働いていくことで、何とか生活していけるようなら、それもアリだと考えることも大切です。

ただ、だからと言って、何もかも妥協したり譲歩する必要はありません。ここで重要なのは、結婚において「自分が絶対に譲れない条件は何か」ということを明確にすることです。そして、そこは絶対に譲ってはいけません。ここを妥協して結婚しても、結婚後後悔することは目に見えています。だからこそ、「自分が絶対に譲れない点」を明確にして、そこだけはしっかり守っていくことも大切です。

さいごに

アラフォーというのは、婚活において、とても難しい年齢です。男女間でも事情が異なりますし、同じ男性同士でも年収をどのくらい稼いでいるのかによって、事情が異なってきます。それぞれ、自分が婚活するに当たって、どういう点に気をつけていけばいいのか、しっかり戦略を立てていきましょう。それによって、成功しやすくなります。参考になれば、さいわいです。

Pocket

 - 婚活

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事