【男女別】婚活の条件と失敗しない相手を選ぶときの方法

      2017/05/12

Pocket

婚活とは主に合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所などの登録や理想の相手を求めて幸せな結婚生活を送るために様々な活動に取り組むことです。

晩婚化の増加から就職活動と同じように「積極的なアピール」や「情報の入手」が欠かせないという意識から若い年代からも人気が出て来ております。最近では結婚相談所などよりも婚活サイトや婚活アプリなどの出会いの場はいろいろ増えて来ております。

でも、そこに何も考えずに行って「いい人がいたらいいな」など思っていませんか?

もちろん会って会話をしてみないとその人の事は分かりませんが、自分の中で相手のどこを重視して探すのかを決めておかないと迷ってしまいますよね。「結婚したい相手」と「付き合いたい相手」が違うように、結婚するのに欠かせない条件を自分で決めておくことが大切です。「結婚条件」と言っても男女で求めるものが多少違います。

では女性が求める男性と、男性が求める女性の条件とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女性が求める男性への条件

shutterstock_531742912

まずは、女性が求める男性への条件として多く挙げられるものをご紹介していきます。

経済力がある

愛情があってもお金がないと生活は出来ません。悲しいですがそれが現実です。もし何かあっても生活していくことのできるくらいの収入があれば安心できると思います。

自分の中でパートナーがどれくらいの収入なら合格ラインなのかも決めておく方がいいでしょう。いきなりお金の話はしにくいと思いますので、婚活サイトや相談所であれば希望年収に合った人を見つけることも可能ですね。職業で平均金額も変わりますが一般的なサラリーマンの年収の平均は下記だと言われています。

サラリーマンの年代別平均(民間給与実態調査結果)
※ただし、下記は平均値のため、中央値とは異なります。実際の中央値は30代でも380万円台と大きく下がると言われています。

  • 20代:約270万
  • 30代:約450万
  • 40代:約600万
  • 50代:約640万
  • 60代:約420万

今回はサラリーマン男性の年齢層別年収を一例であげましたが、最近は共働きをする夫婦も多く女性の収入も気にしている男性も多いです。中には「専業主婦」になりたい人もいると思います。パートナーの稼ぎだけでやって行けるのが一番理想的ですね。

ですが、実際は専業主婦になって欲しくないと言う男性も最近は多いです。二人で生活していくだけなら十分だが、子どもが出来ると厳しいなどと言った収入面の理由が多いです。結婚後、仕事をどうしていくかは二人でよく話し合っていく方がいいかもしれません。

趣味や価値観が合う

shutterstock_529068661

趣味や価値観が全一致する人はいないでしょう。しかし、似た価値観を持つと言う事は大切です。同じ趣味を持てば一緒に楽しむことが出来さらにきずなが深まるといったメリットもありますよね。価値観と言ってもたくさんありますが、一番多くあげられるのがこの3つでしょう。

味覚が似ている

食事は私たちの生活にとってなくてはならないものです。味覚似ていればが同じであれば食事を一緒に楽しむことが出来ます。味覚が全然ちがうと食べるものに悩んだり、せっかく作った料理に味付けを変えられたり、食べてもらえなかったりしても悲しいですよね。

金銭感覚が似ている

金銭感覚が違うとお金のトラブルになりかねません。生活するうえでお金の大切さが一緒でないとやっていけませんよね?

例えば服好きのパートナーを選んだ時、その人が毎月給料のほとんどを洋服代に使っていたらどうおもいますか?不安でたまりませんよね。もちろんお金が有り余っていて仕方がないと言うのであればいいでしょう。

でも、後先考えず趣味に費やし貯金もない人と結婚したいとはならないです。

生活環境が似ている

今まで生活してきた環境が似ているというのはとても一緒にいて居心地がいいです。生活スタイルが似ていれば無理に合わせなくて済みます。さらに育ってきた環境も似ていれば考え方まで似ていることもあります。ですが生活環境が全く違うとお互い合わせるのに疲れてしまいすれ違いが起こってしまう場合があります。

例えば仕事が日中働く人と、夜中に働く人。これだけで、顔を合わす時間も減ってしまい自然に会話も少なくなってしまいますよね。

在宅系の仕事であれば問題ないでしょうが、真逆だった場合はせっかく結婚したのに一緒にいる時間がないなど寂しい思いをしてしまう可能性もあります。そのようなことから「趣味や価値観が同じ」を重視する方は多いようです。

家事にも協力的

現在では女性も働く時代。働いて帰ってきて全て女性が家事をする。フルタイムであればかなりの疲労感があるでしょう。

「家事の分担だけでも助かる。」という声も多いです。料理と洗濯は自分。洗い物とゴミ捨てはパートナーなど分担することによって一人で全てするより楽になりますよね。例えば一緒に洗い物をしてくれる人であれば家事の時間も楽しくなりそれも一つのコミュニケーションをとる時間とるでしょう。

女性として扱ってくれる

結婚しても「いつまでも女性として扱われたい!」そんな女性は多いのではないしょうか?ちゃんと女性として扱ってくれる人であれば自然とパートナーの為に身なりを綺麗にしたくなりますよね。

なので、女性側も少し気を抜いてはいけないところです。結婚しているからと毎日スッピンでいる。付き合った当初はスッピンが可愛いと言ってくれた・・・そんなこと言っていてはいけません。やっぱり男性はきれいな女性が好きです。

日頃スッピンでもお出かけの時や、時間のある時などは化粧や髪の毛を整えるなど身なりを気にすることも必要ですね。女性は何歳になっても「女」なのです。男性の方はたまには誉めてあげてくださいね。

見た目の好み

「好きな顔がいい」「身長は高いひとがいい」「スタイルが良いひとがいい」などタイプは人それぞれですが、女性にとって見た目好みは結構重要なようです。年を取ってきてもかっこいいパートナーであれば嬉しいですよね。

好みのタイプであれば毎日一緒に居ても飽きないものです。

浮気しない

浮気に対してはもってのほかですよね。どれだけかっこよくてお金を持っていても他の女性に目移りする男性は嫌ですよね?自分だけを思ってくれる、人を選ぶ方が幸せになれますね。

女性はいつまでも「自分を愛してくれる人」を求めているようですね。趣味なども一緒に楽しめて、家族を大切にしてくれるような協力姿勢のある頼りになるような男性を求めていることが分かります。

女性から見たこんな男性はNG

shutterstock_412691497

次にこんな男性はNGという方の特徴を見ていきましょう。

ギャンブル好きな男性

お金は生活に必要なものなので、ギャンブルに使われてしまうと困りますよね。既にいくつか借金があったなど、結婚してから明らかになってビックリなんて話もあります。借金がないかなど結婚前に確認しておくべきですね。

昔の彼女の話ばっかりする男性

過去の恋愛から抜け出せていないにしても度がこえると女々しいと感じてしまいますよね。昔の彼女と行った場所やその彼女の荷物が処分できないなど。今目の前にいる人を一生懸命愛せない人といるのは時間の無駄でしかありません。

清潔感のない人

第一印象で不潔な人は除外されてしまいます。髪の毛が湿っている、歯が汚い、肩にフケがのっているなど。そんな人と触れ合いたいとはだれも思わないでしょう。

どれだけカッコイイ顔であっても不潔であれば女性は選びません。女性が結婚したくないような男性の種類を少しだけ上げてみました。これに当てはまる男性は出来るだけ早く改善するべきでしょう。

男性が求める女性への条件

shutterstock_529206766

家に帰りたいと思わせてくれること

男性にとって仕事をして帰ってきてやっと安らげる場所が家なのでしょう。そんな家に素敵な奥さんや子供が待っていてくれると早く帰りたくなりますよね?家に帰って「リラックスできる」「一緒にいて楽しい」「安心感がある」など男性は結婚に対して「癒し」を求めているみたいです。夫婦になると毎日ドキドキしなくなって、トキメキが薄れることもあると思います。

しかし、思いやりを持って接していればカップルとは違う夫婦らしい安心感のある空間が作れるでしょう。

家事がある程度出来る

結婚生活と言われると「手料理」「片付いた綺麗な部屋」などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?家事が得意な男性もいますが、苦手な男性からしたら毎日コンビニ弁当や部屋がぐちゃぐちゃなど想像出来てしまいますよね。実際そのようなお部屋に住まれている方も多いでしょう。そんな男性からしたら女性が一通りの家事が出来る人だったら嬉しいものです。

別に完璧じゃなくても、食事のメニューなども健康を気遣って作ることが出来るなどある程度できる女性に魅力を感じているようです。

人としての最低限の常識とマナーがある人

可愛くて常識がなくてもいいで通用するのは彼女までです。結婚したい女性に選ばれるのはある程度の常識があること。

例えば「旦那さんを立てる」「お中元やお歳暮」「冠婚葬祭」などの人への振る舞いですね。どれだけ美人でも何もできない女性や、礼儀作法がなってない奥さんは恥ずかしいですよね。人前に出しても恥ずかしくない自慢できるような女性が良いようです。

特に男性は人前では「自分を立ててくれる嫁」というものへの憧れも強いようです。

年収

結婚条件で年収と言えば女性が男性に求めるものとイメージされますが、最近では女性の年収にも一定以上が求められています。男性が女性へ求める年収最低金額は300万円というのが一般的なようです。

現代の男性は女性の専業主婦希望をあまり嬉しく思っていない方も多いようで「今の仕事を辞めたいから結婚するのでは?」などの意見もあります。なので、出会って間もないうちからの専業主婦希望へのアピールはオススメできないですね。共働きができ、収入が300万円以上ある女性が理想的であるということですね。

依存してこない女性

男性からしたらある程度自由にさせてくれるあっさりした女性の方がいいのかもしれませんね。例えば会社の飲み会などで「今どこにいるの?」「何時に帰るの?」「誰といるの?」などこんな連絡が来るだけでしんどくなってしまいますよね。男性にはある程度ひとりの時間が必要なようです。

ひとりの時間が無くてもいい人もいますが、自分の時間が無くなると言う事に対して不安に思っている男性は多いので放っておく方が良いようです。制限や束縛をするより、「信頼してるよ」などの言葉の方が効き目はあるでしょう。男性は結婚というものに「癒しや優しさ」を求めていることが分かります。ある程度の距離感を保ちつつ生活していく力がある女性を求めているようですね。一緒にいるなら無理せず安らぎを与えてくれる女性がいいと思っています。

男性から見たこんな女性はNG

婚活中には色々な異性と出会うでしょう。出会ってから会って行かないと分からない事もあると思いますが、こんな人には要注意です。

感謝の気持ちが無い女性

例えばデートの時に男性が食事代をだして「ごちそうさま」や「ありがとう」が言えない人いますよね。そういう人とこれから一緒に生活していきたいと思いますか?やってもらって当たり前ではありません。今現在できてない方はこれを機に素直な気持ちや感謝の気持ちを伝えるようにしてください。

面倒くさい女性

「かまってほしい」「一日に何回も連絡が取れないと嫌」「お金への執着心が強い」「他の女性と連絡取るな」など。重い女性、かまってちゃん、嫉妬心や束縛の強い女性は考えただけで面倒くさいですね。

これが結婚してからも続くと思うと恐ろしいですよね。こんな女性は男性が逃げて行ってしまいますので、相手の気持ちになって考えてみることも必要です。男性の結婚したくない女性の一例を少しだけ上げてみました。ちゃんと感謝の気持ちを言える人って素敵ですよね。

「相手を思いやる気持ち」があればこのようなことにはならないと思います。これに当てはまる女性は「おもいやり」をもって接してみてください。

まとめ

パートナーを選ぶ際に「結婚条件」を自分の中で決めて相手を選ぶことによって、理想の人にたどり着く可能性が上がります。いろいろな人を見るうえで最初に設定した条件からさらに増えたり減ったりすることは問題ではありません。もし、迷ってしまい分からなくなった時にもう一度再設定を自分の中で行ってください。自分に合った素敵なパートナーに出会う為には、「結婚条件」という名の入口が大切という事です。

そしてあなたが「結婚条件」を設定して探すと言う事は相手も同じように探していると言う事です。気になる方がいたら聞いてみるのも良いでしょう。どういう人を探しているのか、自分はその人の条件にあてはまるのか。

そして最後に条件があった人と出会ったとき、「おもいやり」を大切にして二人で一緒に進んでいってください。何をするにしてもその言葉が原点です。それを忘れると、上手くいくものも行かなくなってしまいます。結婚は「癒し」「楽しさ」「怒り」「悲しみ」など色々な事を二人で乗り越えていくことです。相手を思いやると言う事を何よりも大切にして二人で成長していくことが必要ですね。

Pocket

 - 婚活

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事