アラサー男女が婚活する時に忘れたほうが良いこと

      2017/04/17

Pocket

アラサー独身が婚活をする時に悩んでしまうことがいくつかあるでしょう。その中でも忘れてしまった方がより婚活がうまく行く可能性があるものがあります。これから説明する全ての項目を忘れるということではなく、どれがあなたにとって一番悩みなのか、困っているのかを理解して、新たな気持ちで婚活に望めるようにアドバイス致します。

要点

まずは先に何を忘れた方が良いのかについて説明します。

  • 過去の恋愛経験
  • 世間や周りの目
  • 自分のキャリア
  • 異性に対する理想
  • 結婚に対する過度な期待

今回は上記の5つの項目に絞り、アラサー男女が婚活する時に忘れたほうがよいこととしてお話します。その他にも忘れるべき項目はありますが、まずはあなた自身の婚活に対する考え方、あり方と照らしあわせてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

過去の恋愛経験

shutterstock_532095508

男女問わず恋愛経験がある。そしてない。そのどちらであるとしても過去の恋愛経験については忘れてしまいましょう。もし、未だに片思いをしていたり、実はバツイチで、そのことに引け目を感じている場合や、全く恋愛経験がないというコンプレックスも含めて忘れてしまいましょう。過去を見ていては前に進めない。そして過去はあなたの歴史であり知識だという意識を持つことが大切です。例えば素敵な恋愛をして、長い春と呼ばれる結婚は無理だったという過去があるとします。次に長年片思いした相手が他の異性と結婚してしまったとします。次に人を好きになるどころか、人に好きになられたこともないとします。これらの過去はあなたが傷付いた過去であり、婚活する時には必要のないことだからです。

なぜ、婚活するのか。

最終目標は誰しも思い描くものがあるでしょう。その中で結婚が目標。まずは交際が目標。再婚することが目標。そうではなく、幸せになることが目標。それぞれの目標に向かって前向きに婚活をしようと考えているのであれば、過去よりも前、そして今を楽しむべきなのです。婚活をしていることが虚しい。婚活をしていることが恥ずかしい。それぞれ悩み方はあるでしょう。しかし、悩むということは解決するための手段がうまく行かないということです。それは婚活をしていて結果が出せていないことではないでしょうか。婚活がうまくいかないことは恥ずかしいことでも何でもありません。

言い換えますと婚活がうまく行けば悩むことがなくなるということです。これは原因と結果が同時にあるということですから、それならば婚活がうまく行かないことに悩むエネルギーをうまく行くようにするエネルギーにするべきです。人間にとって悩むというのは力を使います。頭も使いますし、知恵も使います。では、悩むことを前向きなエネルギーに変換するにはどうすれば良いか。それは婚活に関するものごとを細分化、分類することでひとつずつ処理すれば良いのです。まず、異性との出会いがないのであれば異性との出会いを増やせばよい。異性との出会いがあっても交際まで発展しないのであれば、交際まで発展できるようにすれば良い。異性と交際しても結婚に結びつかないのであれば結婚に結びつくようにすれば良い。こうしてひとつずつ処理することが出来れば婚活に対する結果を出せたと言えるのではないでしょうか。婚活に対して前向きに考えることが理解できれば過去の恋愛経験について忘れることが出来るでしょう。

世間や周りの目

shutterstock_531509524

アラサー独身となれば世間や周りの目が気になるでしょう。それは間違いです。そんなに世間や周りはあなたがアラサーで独身であることを気にかけてはいません。未だに自分が結婚出来ないことに対するコンプレックスを持つのは無駄な労力と言えます。とはいえ既にコンプレックスになっている方もいらっしゃるでしょう。そのコンプレックスを取り除く方法としては直接周りに聞いてしまうという方法があります。家族や友人であれば「そろそろ結婚したら?」「落ち着いた方がいいんじゃない?」くらいは言うかもしれませんが、その他の人間に聞けば「そんなこと気にしてるの?」というレベルの返事しか返ってこないでしょう。それはあなたに興味がない、好意がないのではなく、結婚だけが悩んだり考えたりすることではないからです。

婚活や結婚について悩むというのは自分自身の中だけであることを理解しましょう。そして婚活や結婚についての悩みが解消すれば、本来あなたが好きなことをもっと自由に出来るようになります。悩みというのは人の行動や思考を制限させてしまいます。婚活や結婚に対する悩みが消えれば、もっと気楽に毎日を過ごせるようになりますし、また別の悩みが出たとしてもそれは結婚や婚活に対するものではないでしょう。むしろ婚活や結婚よりその先にあるもののほうが大変です。他人と一緒に新しい生活を始める。出産、育児。そして老後。まだ、あなたが人生において取り組むべきことはたくさんあり、そのどれもが悩むということよりは楽しむためにあるのです。婚活や結婚も同じです。悩むと考えれば辛く大変に感じますが、楽しめるのであれば努力することに対しても疲れやストレスを感じないでしょう。これらのことを理解すれば世間や周りの目を気にする必要がないとわかり、忘れることが出来ます。

自分のキャリア

shutterstock_504872215

人はお金や立場があることで自分の良さを表現しきれないことがあります。アラサー独身で婚活をしているということは交際する相手がいない状態だと言えます。交際する相手がいないということは仕事に対する意欲・気持ちはより高くなり、年齢的なものも含めても立ち位置や収入がある方が多いです。しかし、それが自らの目を曇らせてしまいます。自分のステータスに相応しい異性を求めてしまうということです。仕事が人間を作るという言葉があります。それはごくふつうのことですが、仕事が人間なのではないということです。

言い換えればあなたのキャリアがあなたな訳ではない。あなたの収入や役職があなたなのではないということです。これが何を意味するかというと、あなたと結婚する、もしくはしたいと異性が考えた時、もちろん収入が多い方が良いでしょう。役職なり、職歴なりきちんとしている人を選びたくはなるでしょう。しかし、実際に結婚に発展するために必要なのはそれ以上に「ずっと、一緒に居られるか。」この一言に尽きます。結婚すれば朝から晩まで一緒。むしろ仕事している時間以外は一緒にいることになります。同棲や結婚生活の中で大切なのは一生という時間の中で一番長く付き合う相手を見つけられるかどうかです。

お金は大事ですが、どんなにキャリアや役職、素晴らしいステータスや能力があったとしても、異性から見てあなたがずっと、一緒に居られないと思えば絶対に結婚することは出来ません。逆に一緒に居たい。一緒に居られると思ってもらえたのなら結婚できるということ。それを婚活の成功というのではないでしょうか。このことからも自分のキャリアについて意識せず、むしろ自慢したりすることは忘れてしまった方が良いということがわかります。

異性に対する理想

婚活する時の最大の壁となりうるものですね。無駄に異性に求めるものが多すぎて、良い人と巡り会えたとしても、自ら遠ざけてしまう可能性があるということです。例えば美人なひとと普通に可愛らしいひとがいるとします。美人は性格が悪く、金遣いも荒いとします。逆に普通に可愛らしいひとは料理や掃除や洗濯が大好きで家庭的であり、しかも貞操観念もしっかりとしていたとします。しかし、異性に対する理想があると美人でも性格が悪く、金遣いが荒ければダメ。普通に可愛らしく家庭的で貞操観念がしっかりしていてももっと美人と結婚したいからダメ。これが異性に対する理想を持つことのデメリットなのです。同時にこれは妥協しろと言う意味ではなく、先の項でも話したように「ずっと、一緒に居られるか。」という基準について理解していない証拠であるとも言えます。美人で性格が悪く金遣いが荒くても一緒に居られる。一緒に居たいとお互いに思えば結婚するべきですし、普通に可愛らしいひともそれ以上に美人であることを望むより、やはり一緒に居られるのかどうかを考えるべきなのです。異性に対する理想を最大限に求めるとすればお金持ちで美人で家庭的でと、言い出したらきりがありません。何よりもそんな完璧な人と巡り合うための時間や労力、そして何よりもあなた自身が完璧であるかどうかということにも繋がります。世の中に完璧な人間など存在しません。では、完璧でないから欠点があるという意味になるでしょうか。完璧ではないというのは欠点ではなく、人間らしさであるのです。異性に対する理想を想像以上に高めるのは無駄です。このことからも必要以上に相手にステータスを求めること、異性に対する理想は忘れた方が良いということがわかります。

結婚に対する過度な期待

もし、あなたが結婚に対する過度な期待をしているのであれば無駄です。結婚はゴールでもなければクリアしなければならない大きな問題ではないのです。結婚とは一緒に居られる異性と知り合い、一緒に居たいことを告げた時に、一緒に居たいと思ってもらえるよう、感じてもらえるようにするだけのことなのです。結婚したからと言っていきなりあなたの価値が上がるとか、結婚していないからあなたの価値が下がるとかそういった類のものではないということを理解しましょう。しかし、これらは結婚に対し期待してはいけないという意味ではなく、過度な期待がいけないという意味です。結婚に対する期待として幸せになりたい。いつまでも一緒に楽しく笑って過ごせる異性が欲しい。それらは婚活する時にモチベーションを保つためにも必要なことです。結婚に対する過度な期待のデメリットとしては焦り、異性に対しても過度な期待をする。結婚をしたいだけの人間に見える。相手のことをしっかりと見ることが出来なくなるといったことがあげられます。今までの項でお話したことに全て共通することは考え過ぎてしまうことを忘れてしまいなさい、ということです。大切なのは好きになることや一緒に居たいと思うこと、一緒に居たいと思ってもらえるようにすること。あなたのことを好きになってもらうことなのです。これらを理解出来れば結婚に対する過度な期待は忘れた方が良いといことがわかるでしょう。

まとめ

婚活していてうまくいかないと感じている人の中に見受けられるのが目的や手段や行動に詳しくなるばかりで、人を好きになる。人に好きになってもらう。一緒に居られる人を見つける。一緒に居たいと思ってもらえるようにする。結婚する相手を探すときに最も大切な要素が抜け落ちています。言い換えるとするならば、人を好きになって、一緒に居たいと思えば、過去の恋愛、世間や周りの目、自分のキャリア、異性に対する理想、結婚に対する過度な期待。これら全てが全く意味を成さないことが理解できる筈です。もっと深く言えば好きな人と一緒になれるのであればどんな苦労や困難なことも必ず乗り越えられます。むしろそれらが楽しい思い出になるくらいです。結婚したいと考えた時に必要なこと。あなたにどれだけ伝わりましたでしょうか。そして婚活の良い点として、今の時代は異性と知り合う方法もたくさんあります。せっかくたくさんあるのですから、しっかりと活用してあなたと一緒に居てくれる人、あなたを好きになってくれる人を見付けましょう。

もし、今までも一生懸命頑張って、お金も時間も心もすり減らしているのに婚活で結果が出せていないのであれば、人を好きになるということについて目を背けないように、人を好きになることに怖がらないようにしましょう。誰かを好きになることが婚活で結果を出す一番の近道です。あなたが望めばあなたは恋愛結婚することが出来ます。基本的に婚活は恋愛結婚が前提のものです。誰かに無理やり勧められて結婚する訳ではありません。あなた自身が異性を探し、そして付き合って、好きになってもらい、ずっと一生に居られるようにすることが結婚です。あなたがもし一人で悩み、困っているのであればこれらのことは逆に忘れないように、そして過去の恋愛、世間や周りの目、自分のキャリア、異性に対する理想、結婚に対する過度な期待については忘れるように心掛けてみてくださいね。

Pocket

 - 婚活

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事