婚活する時にサイトに顔写真を載せるメリットとデメリット

      2017/04/11

Pocket

婚活サイトに登録をしようと思っているけれど、写真は載せた方が良いのかな?とお悩みの方も多いでしょう。もしくは、写真を載せることで何か嫌なことはないのかな?と心配になっているかもしれません。インターネット上で婚活をする時に悩むのが、婚活サイトに自分の顔写真をどの程度の形でアップロードをするのかがあります。写真を載せることのメリットとデメリットについてお話します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

顔写真を載せるメリット

shutterstock_534992803

異性に対し写真が見えることでメッセージの返信率が上がる

婚活サイトではアバターのような形でデフォルトの画像が用意されています。その状態の方からメッセージが来た場合、異性としては不安感が出てきます。しかし、顔写真を出している方ですと安心して返信することが出来るんですね。これが写真を載せる上での最大のメリットと言えます。婚活サイトに登録した。メッセージをたくさん送った。それだけでは婚活に対する結果を出せるはずもありません。婚活では数打てば当たるという考えではなくその都度真剣にメッセージを送り、それでも返事が来ないと思って下さい。そう考えると顔写真は大前提として、その上で更にファーストメッセージやプロフィールの自己紹介を練り、ひとつひとつの縁を大事にすることを考えましょう。

写真が無いよりもある方が信頼性が高く感じる

顔写真があるということは堂々としているということ。自分の顔を出してもなんら問題のない異性だと一目でわかります。それは信頼性が高く、実際に会って見よう。アプローチを受けてみようという気持ちを生み出します。アプローチを受けてみようと考えてくれるということは返事もしやすいですし、プロフィールに記載してある自己紹介もしっかりと見てくれます。乱暴な言い方かもしれませんが、顔写真が無い人は後回しどころかプロフィールも見てもらえず、メッセージは開封される前に削除されブロックなどをされる可能性も十分にあることを理解しましょう。

先に写真が表示されていれば異性の写真を見せて貰える可能性が高い

プロフィールなどで顔写真が表示されていれば相手のプロフィールに顔写真が無い場合でも写真を見せて貰える可能性が高いです。先に相手の顔が見えていれば、自然と次は自分の番だと考えるからです。その時に大切にしたいのが例え自分がプロフィールに写真を公開をしていたとしても、メッセージをしている異性に対して写真が欲しいとしつこく言わないことです。顔写真というものは誰にとってもリスクであると感じ、恐怖感を与えてしまいます。相手が顔写真を見せたいと思うようになるまでは待つようにしましょう。それにあなたが先にプロフィールなどに顔写真を載せている状態でメッセージに対する返信を受け取っているのであれば、第一関門とも言える見た目の部分をクリアしているとも言えます。その後の進展に対しても明るいものだと受け止めて大丈夫です。

先に写真が表示されているので見た目でNGの可否をして貰える

これはデメリットに近い部分でもあります。しかし、何人かの異性とメッセージをする中で顔写真があることで正直にタイプではないと話してくれる異性もいます。これが何を意味するかというと相手があなたに対し興味がないと言ってもらえることで時間の無駄になりません。顔の良し悪しや好みは千差万別です。逆に言えば中身で勝負したいと考えていたとしても、実際に会った時にゴメンナサイと言われることを回避出来ます。それは余計な手間や時間を減らすだけではなく、お互いに傷付かないように済むということ。婚活で大事にするべきなのは自分も相手の異性に対しても思いやりを持って接することです。

顔写真を載せるデメリット

shutterstock_530947552

身バレが起こる可能性がある

例えばあなたの年代と同じで地域も同じだとします。相手は写真を載せておらず名前もニックネームだとすれば異性の知り合いが登録していた時に婚活サイトを利用していることがバレてしまうという意味です。顔写真を出すデメリットで一番影響があり、羞恥心などを起こしてしまうのはこの部分です。知り合いに婚活サイトに登録してるでしょ?と言われるのはかなりショックが大きいです。しかし、ショックを受けるより、そうだよと告げられる方がスマートではあります。デメリットとして記載してありますが、そういった機会で周りの人に婚活していることを伝えるのはその後、気楽に婚活が出来るようになるのでおすすめです。

個人情報が相手に伝わると誹謗中傷を受ける

これは必ず起こりうるデメリットではありません。しかし、あなたの活動の仕方と異性によっては起こりうることです。顔写真と個人情報が伝わり、その後のコミュニケーションにより相手を傷付けてしまったり、自分ではそう思っていなくてもデリケートな部分に触れて怒らせてしまったとします。もちろん人にもよりますが掲示板に書かれたりする可能性があるということです。あなたが節度を持って異性とコミュニケーションしているのであれば特に気にすることではありません。これを回避するには婚活サイトで使用する顔写真は利用する婚活サイトごとに変えるという方法もあります。婚活サイトで何らかの被害にあっている異性ですと相手のプロフィール写真をダウンロードして、類似画像検索をすることに抵抗がありません。そしてあなたがもしプロフィールに載せた写真が他のSNSなどでも使っているとすればあなた自身の個人情報に近いものを相手に知られてしまう結果となります。一番恐ろしいのは良かれと思って氏名や住所がわかるような情報、勤め先などを知られてしまい、直接の被害を受けてしまうことです。ただ、これは余程酷いことをしなければありえないことではあります。注意するとすれば普段から思いやりを持ち、人を傷付けないように接することで防ぐことが出来ます。

見た目だけでブロック機能などを使われてしまう

これはメリットでもありデメリットでもある部分です。見た目だけで判断され、あなたからメッセージを送る前に異性からブロック機能などを使われて、その異性とのコミュニケーションの機会が失われるという意味です。もし、その異性と話す機会があれば起こり得た出会いが顔写真ひとつで失われてしまいます。ただ、メリットでもお話したようにある意味フィルターのようなものだと考えるのであれば気にすることはありません。しかし、これは防ぐ手段が考えにくい項目でもあります。なぜ、相手がブロックしてまであなたとのコミュニケーションを回避したいのか。やはり、見た目、写真重視の異性だとも言えます。その考え方自体の良し悪しではなく、そういった考え方もいると気楽に思う方が良いです。婚活サイトで活動する時の根本的な考え方として、ひとつの出会いに固執し過ぎるよりも次へ次へと切り替えた方が話が早いです。理由としては婚活サイトに登録しているということは少なからずあなた以外の異性からのアプローチもあるということ。相手の異性に気になる異性がいたとすれば、あなたとメッセージをしていても他の異性と婚活を卒業してしまうことも十分にあり得ます。アドバイスということではありませんが、新規で登録した女性ですと特に男性が群がってしまい、多量のメッセージを受け取ることとなり、それに恐怖感を覚えると女性はもう婚活サイトにログインすることがなくなるということがあるのです。困ったことですがあなたがそうしていなくても他の異性がそういった行動をあなたの見えないところでしていれば同性のあなたも同じように見られてしまうということです。

内面を見て貰いにくい

プロフィールなどで顔写真があることで、ブロックをされなくても返信を貰えないということもあります。それはブロックして貰うよりもデメリットであり、感触がないまま、自分の顔がダメで返事が貰えないとネガティブな感情になってしまうからです。ただ、返事がないことで可能性がゼロということではないので、何も言ってこない異性よりも返信をしてくれる異性のことを考えた方が前向きであると言えます。異性に内面を伝えるにはメッセージによるコミュニケーションを取る他ありません。ですのでこちらもデメリットということで記載しました。では、その時に対処する方法に何があるでしょうか。どうしても気になる異性がいる。一度メッセージを送ったけれど見ているのかもわからないし、何度もメッセージを送るのは失礼ではないだろうか。そう考えたとしたら、試してみるべきなのは思いやりだけのメッセージを送ることです。

『こんにちは。あなたのプロフィールを見て、○○○○○が好きなところや○○○○○であるところが気になり、一度メッセージを送らせて頂きました。お忙しかったり、メッセージがたくさん来たりしていると思いますので、お返事が無いのは良いのですが、お互いに婚活している身として、頑張り過ぎないようにしましょうと伝えたくて、失礼かとは思ったのですが、再度メッセージを送ります。最近また冷えてきました。お体を大事にしてくださいね。』
例えばこのようなメッセージを受け取れば相手の異性があなたの優しさを感じてメッセージに対する返事をくれる確率が少し上がります。メッセージを送る時のコツとしては思いやり、質問攻めにしない。自分の話をすることです。季節や気温の話をタブーと言う方もいますが、こうしたちょっとした気遣いや優しさをいつでもメッセージに込められるようにしましょう。

顔写真の公開範囲を確認する

婚活をする時の写真の扱いは難しい部分もあります。しかし、身バレということを気にするのであればある程度周りの知り合いに周知してもらうことで気にする必要は無くなります。そして登録した婚活サイトでの写真の公開範囲が登録者のみか課金者のみであれば思い切って公開した方がデメリットよりもメリットが大きいです。ただし、見た目に自信が無く、コミュニケーションで婚活で結果を出そうとするのであれば無理に写真を出す必要はありません。ただ、ご自身の顔は最終的に会う段階になれば異性に見せなければなりません。遅かれ早かれということではありませんが全体に公開する形で顔写真の掲載は控えるとしても、メッセージの中で相手から顔を見てみたいと言われたら嫌がらずに顔写真を送ることをおすすめします。

顔写真を載せることに抵抗がある時の対処法

shutterstock_530539876

例えばメリットやデメリットとは関係なく、どうしても顔写真を載せたくないとします。メッセージでやり取りをした後などは別として、そういう場合は顔でなくても個人的な写真を送るという方法もあります。例えば自分で料理をした写真を載せるとか、スマホで撮影したものであってもあなたの人間っぽさが見えるようなものであれば少なからず効果はあるでしょう。婚活サイトを利用されている方で写真をそんな形で使っている方は多いです。ただ、これは前提として自分自身で撮影したものに限ります。フリーの画像サイトなどで拾ってきたような画像をあたかも自分自身の何かであると表現して相手に送ったり、プロフィールに載せたりするのは逆にマイナスの要素となります。警戒心の強い異性ですとプロフィール画像や掲載されているアルバムなどをGoogle画像検索で類似画像検索をする場合もあります。そしてフリー画像であることが判明すると偽物ですとか業者じゃないかと勘違いされてしまうのです。あなたが悪意なく使っていても相手にはそう感じることですから良し悪しではなくフリー画像など使わない方が無難です。

まとめ

婚活サイトに顔写真を載せるということはインターネット上に公開されるという気持ちになってしまいます。利用している婚活サイトの公開範囲をしっかりと把握し、本人認証や課金についてきちんとしているのであれば過度に顔写真を載せることに抵抗を感じる必要はありません。そして大事なのは顔写真を載せている人がどれだけいるかです。例えば同性のプロフィールを検索し100件でも200件でも良いので、どれくらいの比率で顔写真が掲載されてるのかを確認してみてください。100件で50人以上、50%以上の方が顔写真を登録しているのであればあなたも顔写真を掲載することを検討するべきです。同性のプロフィールだけでなく、異性のプロフィールも確認して、その上でどうするか考えても良いかもしれませんね。

そして顔写真を載せてみよう。公開範囲や身バレについても問題ない。そういった姿勢で婚活に望めるのであれば顔写真で悩んだりするよりも前向きに堂々と婚活出来ることを忘れないようにしてくださいね。

Pocket

 - 婚活

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事