婚活の成功とは?結婚をただの儀式にしないための恋愛の仕方

      2017/05/10

Pocket

婚活をされている方で、婚活が恋愛結婚であることをどれくらい理解されているでしょう。そして、結婚恋愛ではなく、恋愛結婚という言葉である意味をきちんと理解されている方はもっと少ないように感じます。ただ結婚をしたいだけ。結婚することがステータス。異性を手に入れるゲーム。もし婚活に対してそう考えているのであれば、恋愛することで結婚するということの良さを知り、ほんの少しでも婚活に恋愛を意識することで得られるものを感じて頂きたいと考えております。それでは、婚活を成功させるために、結婚を儀式にしないための恋愛の仕方についてお話します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

恋愛をして、結婚することの良さ

shutterstock_529068691

恋愛に対するイメージ。それはポジティブであり、ネガティブではないと思いますか。恋愛は異性とのコミュニケーションです。しかも、お互いに想い合う、好き合うということですね。同時に、傷つけあい、慰め合い、喜びや悲しみも一緒に感じることでもあります。よく見てみればいいことも悪いこともあるということ。客観的に見れば、結婚とは一緒に暮らし、生活し、思い出を作りたいと考えられる存在を見つけることなのではと感じます。では、恋愛をして結婚することの良さの部分について見てみましょう。

恋愛結婚

まず最初に恋愛結婚を定義します。簡単に恋愛して結婚することとします。では、恋愛して結婚すると何が良いのか。まず考えられるのはお互いに恋人であった時の思い出があります。結婚する前はね、と話すことが出来ます。それは子供に話す時に素敵に聞こえるものです。そして結婚したお互いにとっても独身時代の思い出は輝くものであります。意外と覚えているのがケンカしたこと。初めてあった場所。美味しかったお店。そう、小さなことばかりです。そしてそれらが結婚した後、辛いことがあった時に必ず支えてくれます。もちろん、思い出が作れるから恋愛をしろってこと?と仰る方もいるでしょう。では、結婚は何をすることを指しますか。次に思い出とはなんですか。一番大切にしなければならないことでも、どうでも良いことでもありません。思い出とは人生の記録です。どんなことがあっても消えない心の記録なのです。結婚するということは一緒にいるということ。それは一緒に思い出が作られ、共有されるということです。思い出の意味がわからない時は昨日のことを何か一つでも良いので思い出してください。例えばあなたが独身で一人暮らしをしていたとします。昨日の夜に食べたご飯の内容や、スマホで遊んだゲームのことを思い出したとします。結婚したとすれば、そこに伴侶となった異性が存在するのです。一緒にご飯を食べたなぁ。スマホのゲームに夢中になっていたら怒られた。これが結婚して思い出が作られ、共有するという意味です。そしてこれが恋愛結婚をする良さであるということをお伝えしたい理由でもあります。

結婚恋愛

では、逆に結婚が先な場合はどうでしょうか。実はそれでも大丈夫です。なぜかというと、結婚をしても良いとお互いに考えて、好き合うことで相手を見つけたのではなくても、思い出を作り、共有するということに変わりはないからです。そして恋愛が先、結婚が先。ただそれだけのことでもあります。しかし、結婚恋愛は順序が逆な分、達成するのが少々難しいのでは?ということがありますね。ステータスとステータスで結婚しようというのですから、お互いの容姿・家族構成・キャリア。それらお互いに合致する相手を探さなければなりません。もちろん、キャリアがあることで、コネクションを利用すればそれなりの相手と知り合うことは難しくはないでしょう。でも、それは相手も結婚恋愛を望んだ場合に限ります。健康的な男女が結婚を目的とすれば、自然に恋愛結婚になる。見た目に好きになった。その他のステータスと結婚したいと思った。そのどれかであったとしてもです。人が人に惹かれる時、一緒に居ても苦ではないと考える時、それは相手のことを好きになれる、もしくは好きになったということです。その瞬間からお互いにそこまで恋愛という意識はなくても恋愛が始まっています。言い方を変えますと、結婚恋愛を出来る人は婚活してもうまく行くということです。

相思相愛

相思相愛について定義しましょう。一般的な意味ではなく、ここでは思い思われ、愛し愛されている状態であることとします。そもそも愛するって何でしょう。神様じゃないですが、無条件に相手のことを全て受け入れることではないでしょうか。それは良いところも悪いところも含めて好きになるということ。悪い一面もちゃんと理解してあげることですね。もっと深く話すとすれば、愛し、愛される。お互いに良い面も悪い面も受け入れられることが相思相愛です。もし相思相愛に対するイメージがお互いに好きなだけ、良いことだけと考えているのであれば、結婚に対する理想を持っていることと同じですので、良いことも悪いことも、という部分を理解しておきましょう。

結婚がステータス・異性を手に入れるゲーム・結婚したいだけ

shutterstock_472149625

婚活において、これらの要素が少しでもあると婚活の成功から一歩ずつ離れるものだと考えるべきです。ひとつひとつ説明を見てみましょう。

結婚はステータスではない

結婚恋愛のところで説明したステータスとは別の意味合いとなります。ここでいう結婚はステータスではないとは、結婚したという事実を自らの肩書として使いたいだけであるのなら、それはステータスではないと断言するからです。逆に、結婚はステータスです。奥さんや家族との思い出、子供や相手の親御さん達との思い出。それらの話をするのであれば結婚はステータスであると断言します。ここで危惧していることは結婚することが何かの試練ですとか、テストではないということ。結婚できなくても物理的には死にませんし、何よりも一人で生きることが悪い、絶対悪であるなんてことはありません。結婚に対し何を見出すかが大切であり、結婚するという行為をステータスと勘違いするのは、相手に対し失礼であり、相手を見れなくなることなります。このことから導き出せるのは結婚がステータスと勘違いしたままでは、ちぐはぐなまま婚活をしている状態だということであり、婚活が進まない原因になっているということなのです。

異性を手に入れるゲームではない

結婚や婚活とは異性を思いのままにし、その相手の人生を手に入れるゲームではありません。もし、少しでもそう考えているのであれば今すぐに考えを改めましょう。それは異性にその気持ちが伝わるからです。複数の異性と遊ぶために婚活に参加し、あわよくば結婚できれば良い、そう考えてしまうことで、相手の異性を傷つけ、婚活を中断させてしまう恐れがあるのです。婚活という言葉はとても軽く見えますね。人によっては出会い系くらいにしか思っていな人もいるでしょう。しかし、あなたがそう考えてしまうことで、相手の異性が婚活を中断か断念するということは、他の異性がその相手と結婚出来たかもしれないことを完全に抹消してしまうことに繋がるのです。簡単に説明すると他人に迷惑をかけている行為であることを理解し、自覚しましょう。

結婚したいだけ

この意味がわかると婚活はもっと真剣に本気になれるですが、一番表現が難しい部分でもあります。結婚したいだけ、こちらを仮に定義するとすれば、彼女が欲しい。彼氏が欲しい。これらと同じ意味合いでしかないということです。結婚したい。どんな相手が良いか。どんな相手が良いか決まれば、どうやってその相手を探すか、相手を探す方法が見つかれば次は相手と結婚するためにどうするか。結婚したいだけ、というのは婚活が停止している状態です。その先のことを考えていない。行動していない。行動していたとしても、その先をどうすれば良いのかわかっていない状態。やはり、停止している状態と言えますね。結婚までのプラン・プロセスを考えるにあたり、手順を踏むということを理解すればこれらは避けられます。足し算や掛け算と一緒で、順番に覚えて出来るようになれば良いだけなのです。でも、答えだけを知ろうとするのは難しいことが理解出来るのではないでしょうか。結果だけが欲しい。答えだけがほしい。それが結婚したいだけということなのです。

結婚をただの儀式にしないとはどういう意味か

shutterstock_527104873

結婚の書類は婚姻届のみで紙一枚です。婚姻届にお互いの名前を書いて、その他に証人となる人の名前、それぞれのハンコを押す。それが結婚です。さて、結婚するにはどうすれば良いかわかりましたか。これがただの儀式になってしまうという意味なのです。形式なものとして結婚は難しいものではないのです。しかし、一緒に暮らす、生活するために新居、新しい家具、新しい車。場合によっては幼稚園や病院が近いところがいいな。小学校はどうだろう?将来ここが子供の地元になるんだな。ほら、全て儀式じゃないんです。儀式や形式ではないということが理解出来たでしょうか。結婚すること自体が目的ではなく、結婚した後のことが目的であるべきなのです。言い方を変えれば、子供が欲しいとか、幸せになりたいという言葉の方が、ただ、結婚したいと考えているよりも婚活がうまく行く要素になります。もちろん、その一つ一つになぜ?を付ける必要はありますね。なぜ?幸せになりたいのか。なぜ?子供が欲しいのか。そしてなぜ?結婚したいのか。その答えがあるかないかで婚活が成功するかどうかが変わります。

婚活も思い出になるということ

婚活は必ず思い出になります。それは結婚する二人にとって大切な思い出になるということです。真剣に、そして本気にという重苦しく考える必要はないですが、誠実に望むべき行動であることは心構えとして持つべきでしょう。それに誠実な気持ちがあれば、相手にも誠実であることが伝わります。思い出思い出と何が思い出が大事なのか。それはもう理解されているのではないでしょうか。思い出を作ること、思い出を一緒に作ること。一緒にいられる相手と巡り会いたいという意識を持つことが必要です。今、婚活で苦しんでいますか。婚活が悩み、困ることになっていませんか。それらを乗り越えるのはあなた自身です。そして乗り越えた人のほうが多いということと同時に、乗り越えることだけを目標にしないということですね。

婚活の成功とは

結婚をただの儀式にしない。婚活の成功とは婚活自体を思い出とし、恋愛を経て結婚し、その先の幸せな思い出作りが始められるようにすることです。恋愛に関して言えば、今、恋愛出来ていないことと、結婚できないことは別問題です。これから恋愛するのです。これから結婚するのです。人は不安になったり、思い通りにならないと疲れます。ストレスも溜まるでしょう。そして嫌になることもある。しかし、それらは結婚した後で必ず起こりうることなのです。一緒に生活し、一緒に思い出を作る人が居れば、不安も思い通りにならないと感じることさえも思い出になる。このことを覚えておけば婚活をする時に暗い今を悩むだけでなく、明るい未来を感じられるのではないでしょうか。

最後に

婚活をすることで結婚する。それは手段として間違っていません。その手段に対しあなたがどういう心構えで、どういう行動を取るのかが婚活する中で重要な鍵となります。婚活で一番大変なのは良い相手と巡り合ったのにそれに気が付かないことです。なぜ、それに気が付かないのか。それは婚活に対する考え方があなたの目を曇らせてしまうことがあるからです。婚活で異性と知りたい、交際を経て、もしくはすぐに結婚する。文章で表せばこれだけのことです。婚活を苦しく感じている方にこそ今回の内容は読んで頂きたい。そして読んだことであなたの中にある考えが少しでも変化し、婚活に対してより純粋に、そして恋愛をしてもいいんだと、恋愛をするべきなんだと考えて貰えたとすれば、とても喜ばしいことであると考えております。

あなたの婚活が成功し、幸せに暮らせる未来に歩き出せるように。楽しいことも嬉しいことも、そして悲しいこと、泣きたいことも含めてたくさんの思い出作りの出来るような人と巡り会えるよう、誰よりも素晴らしい人生になることを、心より願っております。

Pocket

 - 婚活

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事